【レビュー】ロレックス コスモグラフ デイトナ 116508NG 8Pダイヤ ブラックシェル

ROLEX DAYTONA 116508NG MOP 8P DIAMOND DIAL

ハイクラスのデイトナ・バリエーションである金無垢ケースに8つのポインテッドダイヤモンドがセットされた黒蝶母貝文字盤。

ベゼルデザインも昨年2016年に一新され、モデルリファレンスは116508NGになりました。

どうでしょう?ステキですよね。

光の加減で見た目が変化するシェルダイヤルが魅力的な、リッチでアダルトなデイトナですね~。

国内定価は4,060,800円。

着けている=セレブリティで間違いないでしょう。

イエローゴールドがまずセクシー。更にはダイヤモンドに、極めつけはMOPですよMOP、マザーオブパール。

コレはモテる時計です。

人工的な着色はしないようです。

非常に割れやすい素材のシェルダイヤルを上手に加工していますね。

ロレックスの技術は本当に凄い。これを大量に生産していることが脅威です。

スモールセコンドにはゴールドを上塗りしたような細工です。

ゴールドクリスタルというらしいです。

以前ゴールダストなる細工がありましたが最近はまったく見なくなりました・・・

シェルは天然素材なので同じ文字盤は2つと作れないため購入の際は出会いも重要です。

116508NG コスモグラフデイトナ オイスター、40 mm、イエローゴールド

キャリバー4130
ダイヤモンド入りブラックマザーオブパールダイアル
機能は他のデイトナと同じですね。
関連画像
クロチョウガイは黒真珠の養殖に使われる貝ですね。
貝は食べることもできるみたいです。
ロレックスの凄さを表す大量生産が可能なシェル文字盤と同じく宝石。
この場合ダイヤモンドですけど天然石のカラーを均一にするため大量のダイヤをロレックス社内で選別してセットしています。
どれだけ出回っているんだよ?と言う大量のダイヤモンド文字盤・・・ロレックスの宝石部門の在庫もとんでもない数の宝石を保有していることがわかります。
さすがに腕時計の売り上げ世界1位(単独ブランド)。

二枚貝ですが、1匹の貝で何枚の文字盤が作れるのかな?

光が当たると、紫とミドリが淡くなります。

ビューティフォー。

200グラムを超える重量です。かなり重たい。

 

角度を変えるだけでも顔が変わるので見ていて楽しいですね。

最後は「ブラックシェル」らしいダークな感じです。

ブレスレットナンバーは78598。

「無垢」ブレスレットで、しっかり「金」でございます。

すべて18金イエローゴールドですよ。

やわらかく傷つきやすいので、オーナーも冷や冷やですね。

鏡面仕上げのバックルプレート。

18金を表すホールマークが刻印されています。

なかなか普通の会社員がこの時計を選ぶことは少ないでしょうね~。

これは事業が成功した方にこそ似合うでしょう。

サラっとこのモデルが似合うような大きな男になりたいものです。

事業を始める予定はありませんけどね(笑)

日本の場合・・・夜のお仕事のお兄さんなんかも着けそうですね。

では!

【レビュー】ロレックス デイトナ 116506 プラチナ アイスブルー デイトナ生誕50周年モデル

ロレックスの新作 セラクロム×ゴールド×オイスターフレックスのデイトナ Ref.116518LN 116519LN 116515LN バーゼルワールド2017

新型 金無垢デイトナ 116508 は何が変わったのだろうか?バーゼルワールド2016の新作を紐解く


#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)