【レビュー】GUCCI DIVE YA136206 グッチ ダイヴ クォーツ エクストララージ 伊達男の夏時計

GUCCI DIVE QUARTZ XL WATCH YA136206

なんちゃってダイバーウォッチだと思っていたグッチの「DIVE(ダイヴ/ダイブ)」。

実際に手に取ってみましたらコレが意外によく出来ています。

当然イタリアの高級ブランドであるグッチなのですから、そのモノづくりの90%くらいは「広告費」として構成されているはずです。

時計本体の製造コストは定価の10%程度、この場合 定価129,600円なので1万円ちょっとの時計だと言う認識で見てみたのですが・・・

2万円はあるな(笑)

2万円くらいのコストが掛かっている高級感を感じさせますね。

パッと見「サブマリーナー」な、モロパクり感の強いデザインですがコレがまた格好良いですね。

ミリタリー色の全目盛り回転ベゼルは、逆回転防止機能が付いています。

 

ケースサイズは45mm、200m防水、視認性の良い大きめなインデックス。

クラウンガード、デイト表示、2トーン加工処理されたケース。

色んなモデルの良いところを組み合わせた感じです。

けっこうしっかりした作り。

重量もズシっと感じるくらい、それでいて重すぎない。

流行りのラージケースですが、野暮ったく間延びしていないのは「流石、オシャレブランド」です。

Gウォッチなんかが流行ったのはもう20年も前ですかね?

かならずGUCCIの時計には「G」のモチーフあるイメージです。

ケースバックには旧タイプのGUCCIロゴ。

スクリューバックではなく、ネジ留め式です。

ディプロイメントバックル式のNATOタイプバンド。

昔のデイトナのバックルっぽいな。

これは使いやすくて良い感じ。

スマホのライトを思いっきり当てて・・・

手で覆うとグリーンに輝きます。

43mmの赤シードこと126600(相場180万円)と比べても遜色ありません(言い過ぎ)。

いかがでしょう?

様々なラインナップが楽しめるGUCCI ダイヴ。

メンズは自動巻きもありますが、デザイン的にクォーツの方が格好良いし安いです。

40mmと45mmから選べますが、サイズは40mm、デザインは45mmの方が好みです。

45mmがせめて42mm程度であればもう少し流行ったのかも・・・と思っています。

夏だけ使いたい!って方には、このイタリアンなNATOタイプをオススメしたいですね。

ではまた!
#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)