【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 57番 ペプシカラー

GMT MASTER
スポンサーリンク

ROLEX GMT-MASTER Ref.1675

今回が3回目のレビューとなるロレックス GMTマスター の4桁モデル 1675 ペプシカラー。

何度見ても魅力たっぷりのヴィンテージロレックスです。

ケースシリアルは57****番、およそ1979年頃の製造でしょうか。

【DATABASE】 ロレックス シリアル番号とクラスプコード 製造年式を知る
最近ではあまり必要なくなったロレックスの製造番号(シリアルナンバー)とクラスプコード(バックルのアルファベットと数字の組み合わせ)。 海外のロレックス研究家の方々が多くのロレックスを調査してできたシリアル表。 昔は暗記したほどで...

前回の1675 ロングEレビュー記事はこちらから。

【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.1675 "LONG E" "PEPSI" 28番
ROLEX GMT-MASTER Ref.1675 さて今回は5桁モデルが人気急上昇中のGMTマスター"ペプシ"の旧モデル、第2世代のヴィンテージロレックスRef.1675をレビューしていきます。 前回はヒラメ~な「corn...

前々回の1675 トロピカルのレビュー記事はこちらから。

【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 トロピカルダイヤル
ROLEX GMT MASTER 1675 今回はロレックスの人気モデル GMTマスター 第2世代 Ref.1675をレビューしていきます。 40mm 50m防水 デイト付きムーブメントCal.1570 プラスチック風防、ベゼ...

となると、今回の1675はドノーマルになりますかね。

16750になる直前の最終型とも言えそうです。

焼けて、劣化した針と夜光。

文字盤は元気です。

ベゼルもだいぶ退色してしまいました。

このくらいの褪せがまたVR好きには溜まらないのかも知れません。

私は嫌いじゃないです。

プラスチック製風防がチップしていますね。

大三角形の夜光が劣化で剥がれかけています。

ドーム状の厚みのある風防でSWISS-T<25が歪んで見えます。

針錆びちゃってますね~。

クロノメーター表記。

40年ちかく前の個体ですが充分元気なところは、流石ロレックス、流石オイスターケースです。

そこまで痩せていないですね。

アンダーバーの王冠クラウン。

リベット式のブレスレットは後付けかな?

スポンサーリンク

特徴あるデザインのリベットブレスレット。

70年代にもあるようなので、アメリカでくっつけて販売していたのかも知れません。

保証書が無いのでこれ以上はわかりません。

 

ROLEX U.S.Aの刻印。

78はさすがに1978年のことではありませんかね?

どなたか詳しい方、ご教授くださいませ。

まだまだ全然使える強靭なケースとブレスレット。

後姿も力強い。

雰囲気があります。人気があるのがわかりますねぇ。

あと何年元気に使えるかな?

ビンテージ物は維持費が掛かります。

オリジナルにこだわるとなると、更に大変です。

それでも、きちんと整備しながら使用すれば、まだまだ何十年も使っていけるでしょう。

100年時計。

とくにVR(ビンテージ・ロレックス)は4桁モデルにトリチウム以外の夜光が使われたり、交換ケースになったり、ベゼルが新しいものになったりするのを許さないファンもいます。

まぁ、オリジナルが良いのもわかりますが、私はオールニューでも元気な方が良いです。

でも、文字盤がトリチウムでハンドがルミノヴァとかが嫌・・・(笑)

十人十色ですね。

では!
#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました