【レビュー】IWC GST アクアタイマー 3536-01 チタン 42mm 2000m防水

GST Aquatimer 2000 Ti 3536-01 (IW353601)

前回、スチール製アクアタイマー 3536-02をレビューしましたので今回はチタンモデル、よりオーシャン2000に近いデザイン・素材の3536-01です。

【レビュー】IWC GST アクアタイマー 3536-02 SS 42mm 2000m防水

ポルシェデザイン×IWCの名品「オーシャン2000」

凄い昔に試着させてもらったけど、本当に欲しかった(45万円くらいでしたが買えなかった(´;ω;`))

デザインはアクアタイマーにそっくりですね。

文字盤なんか瓜二つ。

スペックはSSのIW353602と変わりません。

cal.37524(自動巻き 44時間パワーリザーブ)

42mmのケース径

2000m防水

逆回転防止ベゼル(押し込みながら回します)

ブレスレットはプッシュボタンを押してサイドから押し抜きます。

SSとは違いマットで艶がありません。

渋い。武骨。

地味。

そしてとても軽い。

SSは170グラムちかいのに対し、チタンは120~130グラムです。

当時のIWC GSTシリーズはスティールよりチタンの方が定価が安かったですね。

通常のメーカーであれば、加工技術もSSよりはるかに難易度が高く、SSより大量に製造できないため(と言っているのは建前なのかも)定価付けはチタンの方が高いものですが、IWCだけは逆でした。

いやぁ~格好良い。

非常に素敵。

これは良いモデルですね。

前回は「やっぱりSSだな」とか言ってましたが、チタンも良いですね。

こちらSS、IW353602。

艶だな、存在感はこっちが勝りますね。

好みです、正直。

私は結局どっちも好き(笑)

GST(GはゴールドSはスティールTはチタン)ですがアクアタイマーにGはありません。

ゴールドモデルは珍しかったですね当時でも。

90年代のアクアタイマー。

名機ですね。

これはオススメです。

2000年代になると、ディープワンのデザインを模したアクアタイマークロノグラフなどが誕生しますが・・・

私は「ダイバーズクロノグラフ」の存在意義がわかりません。

水中じゃクロノグラフ動かせませんしね。

まぁデザインは嫌いじゃないんだけど(笑)

では!

【レビュー】IWC マーク15 パイロットウォッチ 3253-001 (IW325301 Mark XV)

【レビュー】IWC パイロットウォッチ メカニカル フリーガー クロノグラフ IW370607 Ref.3706-07


#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)