長谷川博己×岡田将生×香川照之 日曜劇場『小さな巨人』の腕時計

警視庁vs所轄

「敵は味方のフリをする」

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。
会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。
香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

日曜劇場「小さな巨人」第1話のワンシーン=TBS提供

さっそく公式の画像にドーンと長谷川博己さんの着時計が映っていますね。

シンプルな3針デイト表示、SS、レザーストラップ。

元エリートの腕時計はオメガかな?


2017.04.16 第1話始まりました。

香坂真一郎(長谷川博己さん)の腕時計のアップ

気にしているのは昇任試験の開始時間か、それとも突入開始の時間か?

と、言うことでオメガのアクアテラ。

関連画像

Aqua Terra Chronometer 2503.34.00

もう生産終了のモデルですね。

SSブレスレットのモデルが、国内定価367,500円でした。

 

スッキリしていますね。

20万円弱。

警視庁刑事部捜査一課長付運転担当の山田晴彦(岡田将生さん)の腕時計

東大卒の超エリートの腕時計は何でしょうね?

12.6はアラビア数字

デイデイト表示ですかね?

12時位置のブランドネーム(?)も長めです。

Viewmatic Auto

JAZZMASTER VIEWMATIC AUTO H32755731
ハミルトンのジャズマスターですね。
レザーストラップの形状が同じです。デイデイトじゃなくて3の数字でした。
44mmもある大型フェイス。
警視庁のエリートには似合わないですけどね。
国内定価129,600円なのは、職業柄 年相応のチョイスなのでしょうか。

 

なかなかシンプルですが、大きいので若者向けですね。

持衣装協力はフェラガモ、オメガ、トッズと続きます。

腕時計メーカーはオメガ、ストラップ系はバンビ、マイケルコース、ハミルトン、ロンジン、ブローバ、カール F. ブヘラ、モンブラン、G-SHOCK(これは所轄の刑事かな)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)