新型 金無垢デイトナ 116508 は何が変わったのだろうか?バーゼルワールド2016の新作を紐解く

セラクロムベゼルの116500LNの話題ばかりが持ち上がっておりますが、バーゼルワールド2016では「金無垢のデイトナ」の型番変更も発表されています。

型番(リファレンス)が変わったという事は、もちろん「何か」が変わったハズですね。

今回は「何か」が「何なのか」チェックしていきましょう。

新しいデイトナ ゴールド

リファレンス 116508

リファレンス 116508

強烈なグリーンダイヤルで、「あぁ・・・新色か」と思ってしまいがちですがリファレンスが変わっていました。

さて・・・Ref.116528からRef.116508へとなりましたが・・・
下2桁の数字は所謂ベゼルのバリエーションナンバーです。

今まで(主に5桁モデル)「2」番はタキメーターベゼル(他にはエンジンターンド)、「0」番はポリッシュベゼルが定説でした。

ホワイトゴールドのデイトナ(2004年登場)やエバーローズゴールドのデイトナ(2008年登場)のベゼルバリエーションナンバーは「0」番を使用し、デイトナの「0」番は「タキメモリ」が異なるデザインのものと捉えられるようになります。
※デザインのバリエーションであって、素材の違いは末尾のアルファベットで表記されます。

因みに5桁金無垢デイトナはYG、WGのモデルしかありませんでしたが、
Ref.16528(金無垢ブレスレット)と Ref.16518(レザーベルト)、Ref.16519(レザーベルト)とわかれ、
下2桁の数字はベルトで差異があるのかと思いましたが、しっかりベゼルのデザインが違いました。

思うに、SSのデイトナとWGのデイトナの見極めにベゼルとブレスレットに相違点を設け
併せてレザーつながりでYG/革のベゼルも変更したのではないでしょうか。

Evolution of the Rolex Oyster Cosmograph Daytona - Rolex Passion Report (7749)
と、いう事は今回の「2」から「0」へのリファレンスチェンジは
「ベゼル」のデザインの変更だけなのでしょうか?

スペックの違いを見てみましょう。

リファレンス 116528

リファレンス 116528

リファレンス 116508

リファレンス 116508

一言一句・・・同じでした。

ロレックスの公式HPのスペック欄は一切の違いが見受けられません・・・。

Cal4130も同じ ケース径も同じ・・・リファレンスとベゼルデザインのみ差異は視認できます。

因みに、116509と116528の違いも素材とベゼルのデザインの違いのみスペック相違点です。

既存のデイトナのベゼルバリエーション

リファレンス 116509

リファレンス 116509

リファレンス 116505

リファレンス 116505

デザインはホワイトゴールドもエバーローズゴールドも同様で、
今回の116508も同じものになるのですね。
リファレンス 116506

リファレンス 116506

セラクロムのベゼルですが、LNがありません。
下1桁「6」番はプラチナなのですが、プラチナのデイトナにはセラクロムベゼル以外のモデルが無いからなのでしょうか?

NはNoirと言う事でしたら・・・LB(brun)だったのかな・・・。

リファレンス 116515LN

リファレンス 116515LN

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/kE1R2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)