腕時計の中古品って買ったことありますか?

【大解剖】腕時計の新品と中古品、どちらを買うべき?

今回は中古市場の賑わう腕時計の買い方指南として、「新品」か「中古」か購入する際に悩むポイントをメリット、デメリットを含みながら解説していきます。

perplexed businessman

腕時計の「新品」の定義New Tag Bending

まず腕時計の新品の定義をまず決めようと思います。
メーカーの運営するブティックや百貨店の時計サロン、時計屋さん(正規代理販売店)で販売されている時計
並行輸入品として海外のブティックから仕入れてきた(買い付けてきた)時計
リサイクルとして店頭で未使用のまま買い取られた古物扱いの時計この3種類に分かれます。

1番はまず疑いようのないまっさらな新品ですね。
販売価格も国内定価のままです。所謂「正規品」と呼ばれる時計の新品になります。

2番3番は本当に新品未使用なのかはわかりませんが、ほとんどの時計は新品の状態であれば
【保護テープ(フィルム)が貼られていて、ブレスレットのコマ(長さ)調整がされていません】
この基準をクリアしているものが「新品」として販売されています。

「新品」と「中古」のメリット

Vector watercolor. Ying yan...
 時計を「新品」で購入するメリットを考えます。
1. 気持ちが良い(自分がファーストオーナー)
2. 「正規品」の新品の場合、メーカーの保証を含めた様々なサービスを手厚く受けられる。
3. 「並行輸入品」「未使用品(古物新品)」の場合、正規品の新品より安価で手に入る。次に「中古」で購入するメリットは、
1. 新品を買うより安価で手に入る。
2. 新品は現行モデルしかないが、中古品は古いモデルも含め様々な種類から選べる。
3. アンティークなどの別の世界がある。

「新品」と「中古」のデメリット

Silver yin yang symbol
先に「新品」。
1. 正規品の場合、欲しい商品の在庫が無い(人気で品数が少ない)
2. 正規品の場合、国内定価が高額である
3. 「並行輸入品」「未使用品(古物新品)」の場合、中古より高いわりに正規のサービスや保証は受けられない場合がある次に「中古」の場合。
1. 誰かが使ったものである
2. 状態が様々(見る目が必要)
3. 買う側(アナタ)に知識が少し必要(時計自体のこと、ショップのこと)

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/oQHoO

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)