40代になったら腕時計でも買おうかな?と言う人におすすめしたいモデル

【時計のプロが選ぶ】40代男性が初めて買う高級時計 おすすめ5選

がむしゃらに働いてきた30代。

仕事の頃ばかりで家族もファッションもそっちのけ。

ようやく落ち着いてきた40代。

少しゆとりも出てきた頃。

サラリーマンになった友人たちはロレックスやオメガを付けてたな。

俺も時計でも買ってみるか。

今回は主に自営業で頑張っている40代男性に向けた記事です。

最初に買うけど、安っぽくなく、こだわりがあり、不変で皆と同じではないモデルを選んでみました。

オフィチーネ・パネライ

Luminor Marina 1950 3 Days Automatic Acciaio – 44mm「PAM00328」

定価¥ 1,015,200(税込)
人気ブランドのパネライから1本。
2009年発表の現行モデル。<オススメポイント>
44mmの大型ケースにステンレスブレスレットと重厚感があります。
完全自社製のムーブメントはデイト表示付自動巻きキャリバー P.9000。
パワーリザーブも3日間(動力が溜まると3日間動き続けます)。
1950年代のデザインを踏襲したシンプルで視認性の高いかっこいい時計です。
防水性能も高く300メートル防水で、夜光も強く暗くてもよく見えます。

<選択理由>
ベーシックなモデルですが耐久性が高くメンテナンス環境も整っています。
人気の浮き沈みも無いこと、それでいて定価100万円と誰もが買える時計ではないので被ることも少ない。

<別の角度>
PAM00328より数の少ない限定モデルもオススメです。

 (2278)
2005年1950本限定のPAM00127。
47mmの超ビッグサイズです。
今では中古品しか選べませんが、こだわりの強い買って満足する時計です。
革ベルトを交換して楽しむ事もできます。

オーデマ・ピゲ

 (2282)

ロイヤルオーク オートマティック 41mm Ref.15400ST.OO.1220ST.01

定価¥1,944,000(税込)

http://www.audemarspiguet.com/jp/watch-collection/royal-oak/15400ST.OO.1220ST.01

世界の3大腕時計ブランドのひとつオーデマピゲから1本。
2012年ロイヤールオーク誕生40周年の年に発表された現行機。
41mmのビッグサイズの元祖高級スポーツウォッチです。

<オススメポイント>
オーデマピゲのアイコンであり、クラシックなロイヤルオークは永遠に飽きが来ない魅力的なモデルです。
1972年のファーストモデルからデザイン変更がほとんどない完成された時計であり、
ステンレススティールの耐久性と、美しい仕上げが本当に素晴らしい。
画像ではなく、手に取って頂くと伝わると思いますが高級感が凄いです。
よく知らなくても「これは高いな」と思うはずです。

<選択理由>
ステンレスの時計ですがとても美しく、また嫌味がありません。
値段が200万円と高めですが、自動車は1台数百万円支払って10年使ったら幾らになりますか?さほど乗らない自動車を買い増すより腕時計を長く使っても良いのではないでしょうか。
50年以上使える腕時計です。最初で最後の1本になること間違いありません。

<別の角度>
三大高級腕時計メーカーから

 (2285)
5711/1A-010。パテックフィリップの名機「ノーチラス」の現行機。
 (2287)
47040/B01A-9093。ヴァシュロン・コンスタンタンの「オーバーシーズ」。
また、オーデマピゲなら15202ST ロイヤルオーク・エクストラシンや、パテックフィリップなら5167A アクアノートなども同じくオススメです。

【レビュー】パテック・フィリップ アクアノート エクストララージ 5167A-001

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01

ジャガー・ルクルト

 (2291)

レベルソ・デュオ Ref. 2718110

定価¥ 1,188,000(税込)

http://www.jaeger-lecoultre.com/JP/ja/watches/reverso-duoface/2718110#/t1

スイスの名門ジャガー・ルクルトから1本。
2010年の新作で現行機になります。
最大の特徴は2つのフェイス。

<オススメポイント>
ルクルトのレベルソと言えば、フェイスを隠してポロスポーツなどを行うために作られた時計です。
近年では主にデザインになってしまっていますが、やはり2つのフェイスがあるのは面白いですね。
このモデルは2つのフェイスそれぞれ違う時間帯を表示できます(2タイムゾーン機能)。
更に黒い方のフェイスは24時間計がありますので昼夜の違いも一目瞭然です。
時差のある旅行などに重宝しますが、使わない機能でも充分楽しめます。

<選択理由>
定価120万円と高額な腕時計になりますが、信頼のあるジャガールクルト社の腕時計は何年経っても色褪せません。
気分によってフェイスを変えたり、季節によってレザーベルトに変えたりとバリエーション豊かなモデルです。
こだわりのある手巻きムーブメントも愛着がわくと思います。
そして何よりオシャレですね。

<別の角度>
男らしさのオシャレさならブライトリングも。

Ref. A022 B01 NP。ブライトリングのナビタイマー01。
 (2295)

IWC

 (2300)

ポルトギーゼ・クロノグラフ IW371446

定価¥ 923,400(税込)

http://www.iwc.com/ja/collection/portugieser/IW3714/

スイス シャフハウゼンの雄 IWCから1本。
1939年 ポルトガル商人のために作られたモデルを現代に甦らせた傑作。
41mmのケースサイズは印象的で、美しくシンプルなクロノグラフです。

<オススメポイント>
1998年復刻以降、IWCで最も人気があるスタイリッシュなモデルです。
IWCの時計と言えばミリタリーテイストの強いパイロットウォッチや
スポーツウォッチの質実剛健なデザインをイメージするかも知れません。
このポルトギーゼは洗練されたスタイリッシュな新しいIWCの一面を教えてくれます。

<選択理由>
ポルトギーゼは1度手に取って見て頂くことをオススメいたします。
本当にきれいでドレスシーンにもビジネスシーンにもカジュアルにもマッチする
素晴らしいモダンなデザインです。
革ベルトのモデルしかないことがポイントになりますが、ポジティブに考えますと雰囲気を変えられて良いと思います。春秋はブラウン系、夏冬はブラックで!

<別の角度>
ゼニスも選択肢の一つに上がるかも知れません。

 (2303)
03.2080.4021/01.C494。ゼニスEl Primero Chronomaster Power Reserve

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/FseLQ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)