人気のミリタリーウォッチ

【軍人コーデに最適】 流行りの「ミリタリーテイスト」溢れる腕時計

ファッションコーデで流行中の「ミリタリー」。

腕時計も19世紀後半から20世紀前半の大戦時に大きな技術進歩があり、戦争とは切り離せない存在となっています。

もともと懐中時計からスタートしていますが、「携帯性」「操作性」「視認性」「精度」「耐久性」「防水性」「夜光」など装備品の腕時計に求められる基準が技術の進歩に直結していたからです。

「ハック機能」(リューズを引くと秒針が止まる)なども作戦時必要な軍用機能だと言われています。

現行品の軍用時計

所謂「MILスペック」をクリアした装備品になりうる時計でモダンなメーカー「LUMINOX」

LUMINOXは映画「ホワイトアウト」で織田裕二氏が着用していました。
最近では映画「図書館戦争」や「オーションズ11」でも使用されています。

アンティーク(VINTAGE MILITARY WATCH)

 (1257)
大人気な時計メーカー「ロレックス」の軍用時計。60年代でしょうか。
通常ブレスレットをつなぐバネ棒が溶接されています。
通称「ハメ殺し」と呼ばれ、外れにくくなっていますが恐ろしい名前ですね。
サブマリーナーRef5513をベースに、視認性向上の為に時分針が軍用のリーフハンドになっています。
また文字盤には「Tマーク」(軍用の証)と裏蓋には英国軍支給品の証「ブロードアロー」が刻印されています。
(Tマークはトリチウムのイニシャルで放射性物質だったため記載が必要だったのです)
 (1259)
ロンジンの軍用時計。
ブロードアローがプリントされていますね。英国陸軍モデル「Greenlander」
 (1262)
IWCのマーク11。
同じくブロードアローとTマークがプリントされています。
幾つかバリエーションがあるようですが、パイロットのコックピット内での使用を考慮し耐磁性を向上させています。また、ジャガールクルト製のムーブメントを搭載しています。
 (1265)
マーク11のケースバック。ブロードアローと支給番号。また「ハメ殺し」になっています。
 (1267)
 (1268)
オメガからも。
シーマスター300は本当にかっこいいですね。Tマークにハメ殺し、ブロードアローにリーフハンド。
ロレックスの5513Tマークと同様です。英国軍で使用されました。
更に古いオメガのミリタリーウォッチ。視認性に富んでますね。
 (1270)
ホイヤー社(現タグホイヤー)が西ドイツ軍へ納品したクロノグラフ。60年代後半のモデルです。
「3H」はトリチウムの原子量を記載しているもののようです。
 (1272)
オマーン軍のロレックスRef.1665
 (1274)
作戦時のイメージ。腕にはパネライ。
 (1276)
イタリア海軍へ納品されていたパネライ。
 (1278)
幻のパネライ。イタリア海軍からの納品依頼を受け、パネライがロレックス社へオーダーしたモデル。
もちろん一般の出回りがありませんので希少価値は高いです。
20年ほど前の時計雑誌には「50万円」の価格が付いていましたが・・・。
 (1280)
フランス軍へ納品したブレゲ「タイプXX(トゥエンティ)」通称アエロナバル。
フライバック機能が付いたハイスペック・パイロットウォッチ。
 (1282)
チェコ軍へ納品されたレマニアの軍用時計。1940年代。
クッションケースがかっこいい。
 (1284)
ブライトリングからも英国軍向けのミリタリーウォッチ。
 (1286)
ブランパン「フィフティ・ファゾムス アクアラング」。フランス海軍の特殊潜水部隊が使用したと言われています。
英国軍に比べ仏軍の方がデザインがかっこいい気がします。
 (1288)
チュードルからフランス海軍へ。
チュードルのサブマリーナー通称「イカサブ」「tudor snowflake」の軍用仕様モデル。
裏蓋に支給品の刻印があります。
 (1290)
ポルシェデザインの西ドイツ軍仕様のオーシャン2000。1980年代。
当時は珍しいチタン製、2000メートル防水、製作はIWCが担当していました。
 (1292)
精工舎(SEIKO)の日本海軍航空隊用時計。1930年代。
文字盤のマークは、海軍はイカリマーク、陸軍は星マーク、日本海軍航空隊用は桜マークがプリントされています。
 (1296)
サバゲーやコスプレなども本格的!

まとめ

 (1298)
 スピルバーグ・トムハンクスが共同制作した海外ドラマ「バンド・オブ・ブラザーズ」のワンシーン。
イージーカンパニー(E中隊)の隊員が敵兵の死体から戦利品として腕時計を取っていました。
価値あるものであることが伺えます(将校以上でないと高価な時計は支給されてないでしょうが)

一般的に出回らない軍用時計。その希少性や、デザインの良さからミリタリーウォッチしか買わない時計ファンもいるくらいです。
シンプルなデザインが多いのでファッションも選ばず、どんなコーデでもマッチしますね。
いかがでしょう?ミリタリーウォッチの世界へ足を踏み入れてみては?

<元記事>

http://watch-monster.com/articles/iAW2h

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)