【レビュー】オメガ スピードマスタープロフェッショナル ST145.0022 アポロ11号 月面着陸20周年記念

OMEGA SPEEDMASTER 1989 “MOON WATCH” 20TH ANNIVERSARY APOLLO XI ST145.0022

1969年にアームストロング船長らが人類で初めて月面に着陸しました。

それから20年経った1989年、その偉業を讃えリリースされたスピードマスタープロフェッショナルST145.0022.101を今回は見ていきます。

限定?と聞きたくなるこの外見。

ノーマルのST145.0022と見た目は然程変わりありませんね。

ケースサイドにAPOLLO ⅩⅠ 1969の刻印があるくらいでしょうか。

限定証明書が付属しますが、20周年モデルは外装では限定ナンバーが判断できません。

因みにブレスレットと革ベルトで4000本製造されたとのこと。

上のお借りした画像には、他にも2000本中の何番(アメリカ市場向け2000本)と、ドイツ市場向け250本中の何番というバリエーションがあります。

こんな感じで限定証明書兼説明書と、宇宙服を着ても着けられる長いナイロンベルト、特別なワッペンが付属しました。

木製の小さな箱が可愛いですね。

それでは見ていきます。

第5世代のST145.0022(後の3590-50)。

トリチウムダイヤルに下がり「r」。

わかりますか?

Speedmasterのrがeより下に下がってるんです。

ちょっとだけ特別感ありますね。

42mmのケースサイズに手巻きムーブメント861、プラ風防と本当に普通のスピードマスタープロフェッショナル。

でも、とても格好良い。

この全然変わらない「凄さ」ね。

ブラックフェイスにペンシルハンド。

シンプルで武骨で、まったく飽きが来ません。

この時代ムーブメントは手巻きキャリバー861が搭載されていました。

安定のキャリバーで、現行機の1861も合わせると50年近く使われている名機ですね。

ケースバックはこんな感じ。

NASAが宇宙でのミッション全てにこのスピードマスターを着用し、初めて月に降り立った時計です。

そんな事が書かれています。

ワッペン。

スイスのメーカーなのに、アメリカチック。

知らない人からすればアメリカのウォッチメーカーかと勘違いしそうですよね。

「APOLLO ⅩⅠ 1969」

1969年7月20日ですね。

来年2019年はいよいよ50周年ですよ~。

どんなモデルが出るのか楽しみです。

こっちはいつもの見慣れたサイドビュー。

時代を感じさせる伸び切ったブレスレット。

ヨレヨレ。

旧式のバックル。

爪がはがれそうになる固いヤツです。

ブレスレットナンバーは1450番。

こちらが限定証明書兼説明書。

4000本中の何番目かが記載されています。

が、自分では確認できません。

木製の小さなボックスにはケースバックと同じレリーフが。

コレは嬉しい。

4000本もあったはずなのに、最近ではなかなか見る機会がありませんね。

アポロ11号限定という「小さな」レア感が渋いな。

普通のスピードマスタープロフェッショナルなんだけどね。

いかがでしょう?

現行機の2つ前にあたるトリチウムダイヤルのスピードマスタープロフェッショナルです。

更には目立たない限定モデルでもありました。

現行モデルと大きな差は無いので、セミヴィンテージを味わいたい方、アポロ系で何か1本欲しかった方、普通に中古でスピードマスタープロフェッショナルを買おうと思っていた方にオススメです。

ストーリーとヒストリー、更にはスペシャルモデルと言う付加価値の付いたST 145.0022.101(ブレスレットモデルは末尾101)。

もしどこかで「お安く」売られていたらゲットしてみてはいかがでしょうか?

空前のスピードマスターブームですので良個体がどんどん中国に流れてしまいます。

無くなっちゃうその前に是非!

それではまた。

【レビュー】オメガの傑作 3570.50.00と3590.50.00 スピードマスター・プロフェッショナル 今買うならどっち?

【レビュー】画像大量 オメガ スピードマスター プロフェッショナル ~3rdモデルから6thモデルまで~

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)