【レビュー】ロレックス 116506A プラチナ・デイトナにダイヤモンドインデックス!コレはクール!

Rolex Cosmograph Daytona 116506A Platinum 11 Diamonds

2013年、デイトナ誕生50周年記念モデルとして登場した「プラチナ」素材のデイトナRef.116506。

その上位機種で、インデックスに11粒のバケットダイヤモンドを使用している超クールなRef.116506Aを見てきます。

国内定価はなんと7,992,000円。

もの凄い高い。

イエローゴールド無垢に8Pダイヤモンドインデックスの116508Gの定価は3,780,000円。

18金とPt950・・・だいたい18金1グラムの買値は3500円、プラチナ950の買値は3000円・・・。

なんでだろ?

だって格好良いんだもん!

仕方ないじゃん。

10年も昔は金よりプラチナの方が高価でした。

総量は今でもプラチナの方が少なく稀少(レアメタル)で、加工も難しいのだという事にしておきましょう。

ダイヤなしの116506。

ダイヤモンドインデックスの116506A。

同じアイスブルーのダイヤルですが、インダイヤルのカラーリングが違います。

116506Aには不純なカラーが混じりません。

プラチナ無垢専用のダイヤルカラーのアイスブルー。

素敵です。

チェスナッツカラーのセラクロムベゼルもプラチナデイトナ専用。

白金の名のごとく白く輝きます。

肉眼ではスティール、ホワイトゴールドと異なるのは気付くとは思うのですが画像だとわかりづらいですね。

約285グラムもある超重量級。

重くて筋トレレベル。

長くは着けられませんね。

ケースバック、ラグの裏にはPt950のホールマーク。

こちらにも。

4本のラグ全てにしっかり刻印されています。

バックルは梨地プレート。

ブレスレットのコマを留めるネジはホワイトゴールドとプラチナで違います(もちろんスティールも)。

何だかわかりますか???

答えはコマの反対側。

通常(スティールやゴールド)はコマの逆サイドまで貫通したネジとなっています。

が、プラチナのデイトナのコマはネジの頭側に切り込みがあり貫通せずに留まります。

ちょっと説明が下手すぎて、伝わりづらいのですが・・・

逆側に貫通していないのが「プラチナのコマ」です。

chrono24を覗いてみると、さすがに定価7,992,000円以下となっています。

そてでも中古にしては定価に近い高水準。

やはりこんなに高くても人気はあるのですね。

いかがでしょう?

ノーマルの116506とは一味違うプラチナ/アイスブルー/ダイヤモンドインデックスデイトナ116506A。

凄い重いけど、サラっと爽快感のあるカラーとキラリと輝くバケットダイヤモンド。

筋肉マンな貴方!

涼しげに着けてみませんか?

私は一生買えないでしょうし、重くて耐えられないですけどね。

それではまた!

【レビュー】ロレックス プラチナ デイトナ 116506 アイスブルー 2回目

【レビュー】ロレックス デイトナ 116506 プラチナ アイスブルー デイトナ生誕50周年モデル

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)