【レビュー】オーデマピゲ 15202OR.OO.1240OR.01 ロイヤル オーク 「ジャンボ」エクストラシン 39mm ピンクゴールド

Audemars Piguet Royal Oak “Jumbo” Extra-Thin 15202OR.OO.1240OR.01

2012年、ロイヤルオーク誕生40周年の記念モデルとしてスティール製のエクストラシンと共にリリースされた18Kピンクゴールド製ロイヤルオーク エクストラシン15202OR.OO.1240OR.01。

Ref. 5402ST

初期モデル(1972年当時)の復刻という事でデザイン細部までオリジナルに酷似しています。

既に完成していますね・・・最初から。

美しい。

国内定価は6,264,000円と、ピンクゴールド製とは言え2針の自動巻きモデルとしては、かなり高額な部類です。

ケース幅39mm
ケースの厚さ8.1mm
防水性50m

キャリバー2121
パワーリザーブ40時間

ジャガールクルトのキャリバー920をベースにしているキャリバー2121。

因みにCal.920は初代ノーチラス3700、初代ロイヤルオーク5402ST、ヴァシュロン222に搭載されていますね。

美しい文字盤は「プチ・タペストリー」パターンのブルーダイヤル、ピンクゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針、ルミネサント加工が施されています。

ダイヤルは手作業ですね。

私は初めてロイヤルオークを見た時に、この六角形のビスをどうやってネジ留めするんだろう?どうして全てのネジ山がダイヤルに向かって水平に向いているんだろう?と本気で悩みました(笑)

答えは簡単。

ケースバック側からネジ留めしています。

キャリバー2121をシースルーバックから堪能しましょう。

ケースの厚さ8.1mm。

スポーツモデルとしては、非常に薄いですね。

ブレスレットピースも薄く細かいので手首にフィットします。

18金のバックル。

ダブルプッシュ式で、開くとこんな感じ。

ブレスレットが本当に美しいな~。

パーツパーツのフチから何から全て仕上げられています。

こちらは冊子タイプのギャランティ。

ここ1年でカードギャランティに変わっていますね。

どこ発効だか見てもわからなくなりました。

いかがでしょうか?

皆の憧れ「エクストラシン」の中でも貴金属を使用した美しい15202OR.OO.1240OR.01。

中古市場では400万円台後半くらいから見つかりますね。

スティールのエクストラシンは定価オーバーの300万円台ですのでピンクゴールド製の方がお買い得です。

ため息の出るエクストラシンでした!

ではまた。

ロイヤルオーク エクストラシンとノーチラス 15202ST.OO.1240ST.01 & 5711/1A-010

【レビュー】オーデマピゲ 15202ST.OO.1240ST.01 ロイヤルオーク エクストラシン はぐれメタル的な稀少性

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)