【レビュー】セイコー プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル SBBN017 ツナ缶ダイバー

Seiko Prospex SBBN017 Marine Master Professional 300m ”TUNA”

2009年から2015年まで作られた「ツナ缶」クォーツダイバーウォッチSBBN017は、SBBN015のラバーストラップ(蛇腹式強化シリコンバンド)仕様モデルですね。

108,000円が国内定価でした。

現在はSBBN033に引き継がれています。

(※ダイヤルやハンドのデザインが変わっちゃたので好みが分かれますね)

武骨で道具感の強い個性的なデザイン。

そう、「ツナ缶」ですね。

このスティール製の大きい形状がツナの缶詰に見えるのです。

ダイバーウォッチですので逆回転防止ベゼル。

視認性の良い大きなドットインデックスと大ぶりな時分針にはたっぷりルミブライト夜光が塗布されています。

4時位置のリューズもアイコン化していますね。

ケースを守る外胴アーマー。

コレでダイビング中に岩にぶつかっても多少安心です。

逆サイド。

ゴツめなケースバック。

美しさを探求しなくとも機能美といいますかダイバーウォッチとしての堅牢な美しさを感じます。

高級なダイバーウォッチをボディビルダーとするのなら、セイコーダイバーはオリンピアンのスイマーのような肉体美です。

でも、クラウントップはもう少しデザイン性があると嬉しかったかも(笑)

ラバーストラップの先。

ケースバックと同じウェーブマーク。

セイコーと誇らしく刻印される遊環。

う~ん、格好良い。

SBBN017も後継モデルのSBBN033も中古相場は60000円くらいでしょうか。

新品はあまり安く売っていません。

10万円ですので「高いのか?」と聞かれるとスペックなど考慮すると「そうでもありません」と答えますが、少しでも安く買いたいのが人のサガですので量販店でポイントを貰って買うのでも良いかも知れません。

アウトレットにも置いてありますね。

私はクォーツ(の秒針の動き)が苦手なので、あまりクォーツ時計を持っていませんがこの見た目はかなりオススメ。

夏にアウトドアにマリンスポーツに持って来いの腕時計でした。

では!

【レビュー】セイコー プロスペックス マリーン マスター プロフェッショナル SBBN015 ツナ缶ダイバー

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)