【レビュー】ブルガリ ブルガリ エルプリメロ クロノグラフ 41mm BB41BSLDCH 生産終了になっちゃった

BVLGARI BVLGARI Chronograph 41mm El Primero BB41BSLDCH

2013年のバーゼルワールドでリリースされたのは、ZENITHの名機エルプリメロをベースにしたハイビートクロノグラフキャリバーBVL328を搭載するハイクラスのBBクロノでした。

その後オクトにも搭載され、ブルガリのクロノグラフと言えばエルプリメロ搭載機のイメージが固定されました。

フラットだったベゼルもゆるくカーブがかかり、針も大型化しています。

エルプリメロらしい中央に寄ったフェイスバランスも、時計好きには見た瞬間「あれ?エルプリメロだ」とわかるようになっています。

ラージサイズですが41mmは今ではノーマルかな。

高級感を残しつつスポーティさもありますね。

ブルガリも20年前は大人気でしたね。

今ではシリーズも絞り込んでやや寂しい感じです。

LVMHグループに入り、腕時計も売れるオクトとブルガリブルガリ、ディアゴノくらいに選別されちゃいましたね。

他はリストラ。

トルクケース状のやや厚みのあるサイドビュー。

13mmほどあります。

全体的に鏡面仕上げで高級感を表現する反面、キズには強くありません。

元々ブルガリブルガリはドレスモデルですからね。

ケースバックからは、エルプリメロ(Cal.BVL328)が覗けます。

クロコダイルストラップにはスティール製の折り畳み式バックルが装着されています。

しっかりとした厚みのあるバックルプレート。

クラウントップには黒いの・・・なんですかね?コレ。

文字盤に接写。

アプライドインデックス。

トラックマーカーが文字盤のフチにありますが、数字は振られていません。

BVL328の刻印。

エルプリメロの輪列は美しいですね。

ベゼルの幅も狭くなった感じがありますね。

何がダメだったんだろう。

このモデルもリストラですからね。

いかがでしょう?

国内定価は1,112,400円でした。

約半値で出回っていたので、中古を今探すなら30万円台後半から見つかったりしますよ。

ではまた!

 

【レビュー】ブルガリ オクト ヴェロチッシモ × エル・プリメロ BGO41BSLDCH

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)