ロレックス スティール・スポーツモデルの国内定価と5月新品相場 2018年

■ロレックス スポーツモデルの国内定価と5月新品相場

赤い数字は国内定価(2018.05)

ピンクの数字は並行新品相場

はい、タイトルのまんま「ロレックス スティール・スポーツモデルの国内定価と今の相場」です。

税込表記にしているのと、2018年の新作は予価でございます。

そのうち発表になったら修正しましょう。

(この記事がそこそこ評判良ければ今回はずれたエクスプローラーやスカイドゥエラー、ミルガウスなんかもやろうかな)

こう見ると、デイトナの白文字盤が異常なプレミアムなのに対し、新作Dブルーは予想になりますがグリーンサブマリーナーよりプレミアム感はありませんね(勝手な予想で何を言っているんだか(笑))。

実質定価が2万円安い旧モデル116660Dの相場は180万円ちかいので140%くらいにはなっています。

ディープシーはもっと行くかな?と思いましたが大きな違いはムーブメントのため、そこまで急激な動きにはなりませんでした。

因みにロレックスの正規転売となると「120%」近くないと厳しいと思われますね。

宝石広場さんの買取価格(シール付き海外並行輸入品/新品未使用条件)が、こんな感じですので、国内正規品を買って(保証書が来るのを待って)売却する場合は、この価格表よりマイナス10%程度は落ちることを覚悟します。

たとえば120%より下の・・・

■116610LNサブマリーナーデイト(117%プレ値)の場合、正規店で874,800円で購入できたとします。

3週間程度(触らずに)待ち、自宅に保証書が届いたので買取店へ行ったら、およそこの表の90%前後を提示されることでしょう。

102万円の90%なので90万円前後でしょうか。

25,000円は利益がありますね。(ヨッ転売ヤロー!)

■114060サブマリーナーノーデイト(110%プレ値)の場合、正規店で766,800円で購入できたとします。

同じく保証書が届き買取店へ。

85万円の90%なので765,000円前後となり・・・場合によっては「損」が出ます。

このように120%以下では「儲かるかも知れないし、損するかもしれない」という事ですね。

因みに私は1度もスポーツモデルを正規店で買えたことがありません(泣)

ファーストリリースは、新GMTマスターⅡも新Dブルーも軒並み200万円だ!なんて感じでしょうけど、しばらくすれば170万円以下まで落ちてくるのではないかと思います。

増税予定の2019年までには、なんとかしたい!と思っている方は為替とにらめっこしてバシっといっちゃいましょう。

2016年のデイトナ116500も、昨年のシード43 126600もリリース後半年以内に最安値になりました。

現在は240万円もする白文字盤のデイトナも、190万円くらいの時がありました。

126600も148万円まで下がりましたね。

「ここが底値」だ!と言うのは、割と早めに来るかもしれません。

でも、いつかはわかりません(笑)

今年の新作が早く見た~いと、思うこの頃。

新品相場も為替の影響で上がっていますので、買い時はいつでしょうね。

表を見るとわかるように「正規店で定価で買う」のが1番なんですけど・・・。

これがまた売っていない。

抽選でもしてくれたら諦めが付くんだけど。


エクスプローラーなどが欠けていたので追加します。 

黒い数字は2018年5月の国内正規価格。

そして赤い数字はプレミアム相場、青い数字は定価以下の相場です。

青い数字のモデルは比較的正規店で出会えますね。

 

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)