【レビュー】セイコー “COOL” メカニカル SARB065 アイスブルーなカクテルダイヤル

SEIKO Mechanical SARB065 “Shinobu Ishigaki”

昨年2017年にリリースされたプレサージュ、銀座 STAR BAR オーナー/ バーテンダー 岸 久さん監修の大人なカクテルデザイン「SEIKO PRESAGE “SKYDIVING” IceBlue SARY075」は世界的な大ヒットモデルと言えますね。

遡ること7年前の2010年、同様のデザインは既に人気を得ていたのをご存知でしょうか?

Bar 石の華のオーナーバーテンダー石垣 忍さん監修の元、製品化された美しい放射線状のアイスブルーダイヤル「セイコーメカニカル SARB065」です。

SEIKO MECHANICAL 石垣忍カクテルモデルは「SWEET/DRY/COOL」の3機種がリリースされましたが、今回は1番爽やかなCOOLを見ていきます。

当時の定価は57,750円(税込)。一般的に4万円程度で流通していました。

放射状に輝く淡いブルーは非常に美しく、楔型のインデックスやドルフィンハンドによく合います。

パッと見は高級感があり夜のバーでもフィットするようなモデルだけに、4万円で買えるのか!と感心せずに入らせません。流石はセイコー。

カクテルをイメージした大人な雰囲気を醸し出しています・・・かね?

オッサンだけどカクテル飲まないから、よくわかりません(笑)

ロレックスのチェリーニだったら、プラチナケースにしか使わないカラーなのにね。

<スペック>

・ステンレススティール / レザーストラップ
・キャリバー6R15 自動巻
(23石、6振動、手巻可)
・秒針停止機能
・最大巻上時50時間持続
・ボックス型ハードレックス
・シースルーバック(ハードレックス)
・平均日差+25~-15秒
・50m防水
・ケースサイズ40mm / 厚さ13.1mm

ベゼルが薄いので大きく見えるフェイスに、ドレスモデルの割に厚めのケース。存在感あります。

クラウントップにSがあるだけ、良しとしましょう。

シンプル。

仕上げなどは、もう気にしません。

磨かれる面はあまりありませんのでヌルっとした感じですが、文句を言う人がいたら値段を見なさいよ!と。

コスト掛けて自分の好きなようにカスタムしたら?言ってやれ言ってやれ。

コレで充分なんですよ。

キャリバー6R15がシースルーバックから覗けますが、あまり楽しいものでもありません。

動いています・・・と言うのが伝わるかな?

そう、伝わってるならそれで良いや・・・くらいな感じです。

6R15なので手巻き機能もありますし、そんなに安い機械でもありませんので安心ですね。

レザーストラップは高級感がまるっきりありませんので、このあたりは自分の好みのストラップに交換しても良いでしょう。(交換前提がよろしいかと存じます)

要は、イケメンだけど服はオシャレじゃない・・・みたいな状態です。

ネットオークションには人気モデルなので沢山ヒットします。落札値はこんな感じ。

光が入るととても魅力的に見えます。さわやか~。

海外の方のインスタグラムを覗きますと、クロコダイル型押しのブルーストラップにホワイトステッチ。

あ~これ格好良いですね。

ジャケットにデニムスタイルによく合います。

高級感を妨げるオリジナルのレザーストラップは即交換。

このヘンテコなバックルも使わなくても良いかもね。

長い方が6時位置に飛び出してくるスタイルは気になってしまいます。

いかがでしょうか?

海外旅行など高級時計を着けていきたくないなど、そんなシチュエーションがあるのなら1本持っていても良い選択だと思います。

普段使いにも良いですしね。

いつもG-SHOCKはじめデジタルばかりの方にも、機械式の入門機に悪くありません。

デイト付き3針自動巻きで、更に動きがシースルーバックから覗けますので勉強にもなります。

20代の若い社会人にもオススメだな。

スーツにも合いますね。

まぁ、わざわざ生産終了の旧モデルではなく、昨年リリースされたプレサージュでも充分だと思います(笑)

それではまた!

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)