バーゼルワールド2019のロレックス新作はコレだ!(ZENMAIの大予想)#BASELWORLD2019

年々輝きを失っていくバーゼルワールド

そもそも過去とは異なり「商談会」としての機能がメインではなく、新商品の紹介する場として、煌びやかなブランドイメージを誇示しアンバサダーを持て囃す場として・・・そんなパーリーな部分が強調されるのが今のバーゼルワールドです。

ビッグ5と呼ばれる「ロレックス」「パテックフィリップ」「スウォッチグループ」「LVMH」「ショパール」以外のメーカーには、コストばかりかかるネガティブなイベントとなっているようですね。

またSIHHへと移るメーカーも徐々に増え、そのうち逆転するのではないかと言われています。

ロレックス、パテックフィリップ、スウォッチグループのいづれか1つでもバーゼルワールドから抜けたら、終わりを迎えるだろうと言うのが欧米での見解だそうですよ。

単に新商品発表会であるならばインスタグラムに投稿すれば良く、ブランドイメージを上げるならタイアップを積極的に行えば良く、アンバサダーを起用し、限定ものを作り、商談も大きな小売業ともっと癒着すれば良いのです。

100年も続くイベントですし伝統を重んじるスイス時計業界ですから、中国・アメリカ・アラブなどでのフェアに頼るのは許されないのかも知れませんが、すでに小さなメーカーは苦境に立たされているのでこのままでは長続きはしないでしょう。

2020年まで今の状態ではもたないと言われています・・・悲しいですね。

とりあえず2019年は3月21日から26日までの5日間です。

はい、でもロレックスの新作は無くなりませんので予想は続けていきますよ。

2018年の新作はことごとくハズレましたので、来年こそは当てたい!

因みにこの画像は2017年の新作予想をした記事の一部。

どうですか?ブラウンセラクロムベゼルの金無垢GMTマスター2が当たってる!(かすってる)

更にはペプシカラーのSSも予想していました(笑)


3235ムーブメント

Cal.3235(新世代ムーブメント ロングパワーリザーブ 耐衝性/耐磁性にすぐれています)

予想1.新型サブマリーナーデイトの誕生

これはほぼ決定的でしょう(根拠のない自信)。

Cal.3235搭載、ラグ幅広の新ケース、文字盤6時位置のSWISS 王冠 MADE。

ブラックとグリーンは決まりでしょうから、今回は金無垢やロレゾールにもグリーンが採用されるのでは?

と、言う事で126618LVと126619LBなんかが出たりするんじゃないかな?

イエローゴールドカラーにグリーン・・・完全に中国の方にフィットしそうなモデルでしょ?

私のヘタなコラ画像なんかよりロレックスはうま~く合わせてきますからね、絶対に格好良いはず。

楽しみです。

ロレックスのHPから、このモデルが消えたら「王手!」って感じですかね(笑)

 

予想2.新型エクスプローラーⅡ(あるか?セラクロム化)

2018年には新世代GMTムーブメントCal.3285が誕生しましたので、新型エクスプローラー2の準備も出来たと見て良いでしょう。

しかし、私は流れ的にセラクロムベゼルは使用しないんじゃないかな~と思うように。

エクスプローラーとエクスプローラー2は武骨なスティールベゼルが似合うんだよな。

どうなんでしょうね?

半信半疑の予想です。

もし新型エクスプローラー2 Ref.226570 が40mmに戻ったら、216570は”ジャンボ”とか呼ばれ高騰するかも知れませんね・・・どうして42mmなのかも未だに不明です(トレンドなんでしょうけど)。

 

予想3.ロレゾールのデイトナにもセラクロムベゼルが搭載

まぁ、コレはそうでしょう。ロレゾールのデイトナにもセラクロムベゼルを。

お待たせいたしました!的な感じで登場すると思います。

場合によってはバーゼルワールド関係なく出てたりして・・・。

ロレゾールのセラクロムベゼル化より、見せたいニュースがあればこのモデルはバーゼルワールド会場ではお知らせされないかもね。ロレゾールは不遇。

 

予想4.新型サブマリーナーノーデイトの誕生

ステンレススティールの青サブ・ノーデイト。

新世代ムーブメントCal.3230(仮)を搭載し、ラグ幅も改良してほしいですね~。

コレはあくまでも予想では無く、「願望」(笑)

ノーデイトのサブマリーナーが世代交代するのは、まぁ・・・もっと先でしょう。

サブマリーナー・ノーデイト エクスプローラーダイヤルも出て欲しいな~。

超絶格好良い!


なんだかんだで2018年の新作のディープシーは10周年でした。

やはり節目は記念モデルが出しやすいですよね、世代交代に持って来いだ。

では、**周年は何かありますかね?

RPRから画像をお借りします。

1929年:プリンス

1949年:トリプルカレンダームーンフェイズ Ref.8171

Rolex_History_3

う~ん・・・無いなぁ・・・

あっ

コレだな。

うん、コレだ。

予想5.新型ヨットマスターロレジウム 126622 プラチナダイヤル復活

1999年誕生のヨットマスター「ロレジウム」。

20周年でしょ。

Ref.126622でプラチナダイヤル復活じゃないですか?

違うかな。

違うかもね(笑)

トリプルカレンダームーンフェイズあたりがチェリーニから出るなんてロマンな予想もありかと。

他にも予想はどんどん思いついたら追加していきます。

答え合わせはまた来年!

 

 

バーゼルワールド2018のロレックスの新作はコレだ!(ZENMAIの大予想)

【答え合わせ】バーゼルワールド2018のロレックスの新作はコレでした!(ZENMAIの大予想)

ZENMAIの大予想!ロレックスのバーゼルワールド2017発表モデル

バーゼルワールド2018の関連記事はこちらから

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)