【レビュー】ロレックス 16622 Mシリアル プラチナ文字盤のヨットマスター ロレジウム

Rolex Yacht-Master 16622 40mm Platinum & Steel.

バーゼルワールド2018では新世代ムーブメントが搭載されずステイとなったヨットマスターロレジウム。

来年か、再来年あたりには世代交代するでしょう。

で、今回は初代ヨットマスターロレジウム16622です。

Mシリアルの個体ですのでルーレット刻印が施されていますね。

プラチナダイヤルは今見ると何か新鮮。

赤い針が良い感じですね。

一時期は50万円くらいの相場だった16622も、116622のプラチナダイヤル生産終了を受け今では70万円台から80万円台まで上がっています。

プラチナ製の回転ベゼルはスレてしまうのがね。

5桁時代には飛びぬけた高級感ある仕上げですね。

しっかりしたケース、リッチっぽく見えるサイドポリッシュ。

100m防水ですがトリプロッククラウン。

逆サイド。

5桁時代のダブルロック式バックル。

この辺りは116622の方が良いですね。

さてどうでしょう?

生産終了後、値を上げる116622のプラチナダイヤル。

今やデッドストックは140万円オーバー(笑)あんなに皆飽きていたのにね。

この旧型16622も引っ張られて値を上げています。

けっこう高いでしょ。

でも、やっぱり格好良いんですよね~プラチナダイヤルは。

ヨットマスター買っていた方はガッツポーツですよ。

でもきっと来年あたりに126622が誕生し、プラチナダイヤルも復活でしょうね。

Cal.3235が搭載され、6時位置に王冠マーク入りするプラチナダイヤルが想像できます。

プラチナ製のベゼルは変わりませんかね?

セラクロムもあるのではないでしょうか・・・?

どうプラチナを使うのかも悩みます。

話が逸れましたが16622プラチナダイヤル。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 16622 ヨットマスターロレジウム プラチナ文字盤 F番

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)