【レビュー】タグホイヤー CV2010.FC6205 カレラ・クロノグラフ “BP” ブラックフェイスのイケてるクロノ

TAG HEUER CARRERA AUTOMATIC CALIBRE 16 CHRONO CV2010.FC6205

ちょっと定かではないのですが2005年頃にニューカレラとしてリリースされたカレラクロノグラフCV2010系。

カレラ(1964)40周年記念のニューモデルだったような気がします(曖昧でスイマセン)。

41mmのラージケースに縦目インダイヤルの縁取りが非常に魅力的なクロノグラフで、当時の定価は257,250円とコスパも最高、見た目もグッド、更には大人気俳優のブラッドピット氏をアンバサダーに起用し若いサラリーマンに爆発的にヒットしました!

関連画像

木村拓哉氏の人気ドラマ「エンジン」でオメガのスピードマスターオートマチックデイト3513-50と人気を2分するコスパの良いクロノグラフ。

私も当時勢いよくCV2013(ブラウン)を買ったものです(笑)ミーハー。

CV2010.FC6205はレザーストラップ仕様。

パンチングされたレザーストラップがビンテージ風でイカしています。

タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ タキメーター CV2013.BA0794

↑こちらが私が2007年に買ったCV2013の記事。

それではCV2010.FC6205を見ていきましょう。

何と言っても今でも「安い」ことが何よりのオススメポイント。

見た目がこんなに格好良いのに10万円前後(高くても15万円)で見つかります。

トレンドの41mm。大き過ぎず、小さくないので存在感があります。

そして何にでも合わせやすいブラックダイヤル。

クラウンガードもなくスッキリしたデザイン、黒いベゼルも引き締まって見えます。

そしてデイト表示もあり・・・

更にはシースルーバックで中身が覗けるです。

全然キレイなムーブメントではありませんが(笑)、見えるだけでもビギナーには嬉しい仕様です。

最初期モデルなので50m防水(同じ型番で100m防水もあります)。

レザーストラップで、スティール製バックルにはタグホイヤーロゴ。

挟むだけなので簡単に長さを変えられる仕様です。

便利ですね。

バルジュー7750ベースのキャリバー16なので厚みがあります。

私が手放した理由はこのケースの厚みに、ブレスレットの薄さがアンバランスで嫌になったから。

今みたいにストラップ交換のトレンドがあったら良かったのに(笑)

クロノグラフはあまり使用しないでしょう。

カップラーメンの3分を測るくらいかな?

カレラは伝統のあるラインです。

ジャックホイヤー氏の生んだシリーズですね。



物凄くシンプル。

コレが良い。

徐々に派手にゴチャゴチャしてきちゃうので最初が良いです。

クラウンにもタグホイヤーロゴ。

Chrono24を覗きましたら、あらら海外では結構しますね。

安いの見つけたら即ゲットだ!

いかがでしょう。

かれこれ10年前くらいのモデルですが、まだまだ格好良いし現役バキバキ!

ロレックスで言えばFシリアルZシルアルくらいなもんです。

そんな古く感じないでしょ?

ブレスレット仕様でも良いですし、100m防水の後継モデルでも良いです。

ぜひぜひヤングサラリーマンの皆さん!

カレラクロノグラフCV2010をチェックしてみてください。

コスパは最高ですよ。

ではまた!

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)