【レビュー】オーデマピゲ 15202ST.OO.1240ST.01 ロイヤルオーク エクストラシン はぐれメタル的な稀少性

ROYAL OAK EXTRA-THIN 15202ST.OO.1240ST.01 Stainless steel case, blue dial, stainless steel bracelet.

国内定価2,430,000円ですが、まずこの価格以下で中古すら買うことのできないプレミアムウォッチ “ロイヤルオーク エクストラシン” 15202ST.OO.1240ST.01。

このブログ2回目の登場になります。

オーデマピゲのロイヤルオークの中でも特別なモデルで、ファーストモデルRef.5402STを復刻させました。

もともと15202STは極薄39mmのロイヤルオークでしたが、ダイヤルを”元祖”風にオマージュし「特別」なモデルとしてロイヤルオーク生誕40周年に花を添えました。

39mmというサイズ感がすでに特別なのですね。

プチ・タペストリーパターンのブルーダイヤルも海の様な深い青。

トレンドだからとか、そんなちゃちいものではありません。

Chrono24を覗いてみましょう。

1つすごく安い出品がありますが個人出品だそうです・・・個人で出せるんだなChrono24って。

だいたいの出品が300万円前後ですね。

スティールの2針デイト時計がこんなにも高いなんて・・・

楽天市場には新品・中古問わず1本も出品がありません(ジャックロードがお取り寄せ可になっていました)

300万円に値するかは購入者次第かと思いますが、存在感・美しさは抜群です。

真似したくても、越えられないエレガントで逞しく、美しいのにスポーティ。

ジェラルドジェンタ氏の作品の中でも断トツの格好良さですね。

初代同士を比べるとノーチラスよりロイヤルオークの方が格好良いですもんね。

その厚さ、わずか8.1mm。

ブレスレットと一体になった美しい直線。

キャリバー2121はちょいちょい不具合があると聞きますが、高級時計ならではの使い方をされてもダメなんですかね。

身体の弱い王子様の様だ(イミフメイ)。

シースルーバックから覗くキャリバー2121は非常にキレイですね。

まぁ、スティールの2針時計の定価が240万円って時点で美しくないわけもないでしょうけど。

この美しさも購入したオーナーのみが楽しめるものですので特別感があります。

バックルもきめ細かい仕上げがされていますが、しっかりした作りで早々ぶっ壊れるものではありません。

ただこのブレスレットのサイズ感が腕にフィットするかは「運」ですね。

1cm足らずのコマを付ける外すでしか調整できないので「ぴったり」この薄い時計が腕にフィットできるかは購入する前に必ず試した方が良いです。

しなやかなブレスレットですが、コレどうやって組み立てられているんですかね。

つなぎ目がよくわかりません。

コマとコマをつなぐリンクも仕上げが凄いですよ。

サテン仕上げとポリッシュされた面がありスティールなのにホワイトゴールド製のように輝きます。

この保証書は旧タイプになりますね、現在はカードになっています。

防水性は50m。

スーツスタイルにもデニムスタイルにも似合う大人ラグジュアリースポーツモデル。

いかがでしょうか?

オンでもオフでも利用できます。

高そうに見えて、知らない人にはシンプルな時計だと思われるだけでしょう。

分かる人にしかわからない、そんな「通好み」の時計です。

じっくりルーペ片手に愛でるのも良し、ラフにビーチのお供にしても良し。

オーデマピゲが誇る最高の「普通」が、このロイヤルオーク・エクスラシンです。

現在はブティック限定での販売ですが、ほぼ並ぶことはありません。

ごくわずかな選ばれた方だけが手にできるのでしょう。

10年も前はロイヤルオークなんてたいして人気無かったのにな~。

ではまた!

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01

【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク ジャンボ 15202ST.OO.0944ST.03(エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01との違い)

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)