【時計怪獣】バーゼルワールド2018 新作予想 オメガ シーマスター編

オメガ バーゼルワールド2018 新作予想 シーマスター 3モデル

バーゼルワールド2018まであと1カ月ちょっと。新作発表が待ち遠しいですね!今回はZENMAIがオメガの人気シリーズ「シーマスター」の新作を予想!こんなモデルが出ないかしら?と言うものをピックアップしてみましたよ。

ハイ、第2回目はこちらも人気シリーズ「オメガ シーマスター」のバーゼルワールド2018新作予想です。

50周年記念では探しきれませんでしたので、こんなモデルなら~盛り上がるんじゃない?と言うモデルを3本ピックアップ。

オメガさん!当たってますか?

Seamaster 300 Ref.165.014(2nd)165.024(3rd)

 (184510)

1本目。

まずは復刻したら超~人気出るでしょ?と言われていますシーマスター300のセカンドモデル(だったっけ?)の165.014。

サードモデル(大型リーフハンドと極太ベゼル)の165.024でも良いですね。

正直、防水性はどうでも良いので外観重視でリリースしてもらいたいな。

2017年のトリロジー・シーマスター300のベゼルを、あまり売れなかった新レイルマスター220.12.40.20.01.001に合体させちゃっても良いけど~。

220.12.40.20.01.001

220.12.40.20.01.001

これこれ、こそっとリリースされていて余り認知度も高くなかったレイルマスター。

ベースはアクアテラなんですかね。

 (184546)
ベゼルだけでも全然雰囲気変わります。
こんな感じでトリロジー234.10.39.20.01.001のベゼルを持ってきちゃっても良いし、
 (184512)

こんな極太ベゼルを装着してもインパクトがあって楽しい。

忠実な復刻を望むなら、大型リーフハンドもセットしましょうか。

クリーンなイメージを欲しているオメガから、血みどろのミリタリー系の復刻は望めませんので、Tマークとかは無理ですかね。

Seamaster 120 ST 535.0007

 (184513)

さて2本目。

シーマスター120はジャックマヨール的なアレから生産終了となり、アクアテラへと引き継がれた印象ですね。

90年代以降のシーマスター120やシーマスター150アクアテラは、ダイビングには使わないけど防水性はあるよ!と言うシーマスターのタウンユースモデルとして一般的に受け入れられました。
220.13.41.21.01.001

220.13.41.21.01.001

昨年の2017年からタペストリーが横向きになりました。

今回はこのモデルをベースに、1960年代のシーマスター120をオマージュしていきましょう。

 (184515)

はい、回転ベゼルを装着してみました。

おぉ、意外に格好良いじゃない。
新生シーマスター120、いやシーマスター150ですね。

Seamaster 120 ST 535.0007

Seamaster 120 ST 535.0007

1966

こちらが1960年代のシーマスター120のオリジナル。

似ています。

いける、これ定価50万円以内ならイケると思いますよオメガさん!

Seamaster Chronostop ST 145.0009

 (184520)

3本目。

あまりメジャーじゃありませんがシーマスタークロノストップです。

ワンプッシュ式クロノグラフ・・・なんですかね。

私実物見たことないです(笑)

522.32.40.20.01.004

522.32.40.20.01.004

100年契約を結んだ記念の⁠シ⁠ーマスタ⁠ー オリンピ⁠ック コレクシ⁠ョ⁠ンをベースにしてみましょう。

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/daKHi

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)