【レビュー】パネライ PAM00168 ルミノール クロノ レガッタ2003 40mm 399本限定

PANERAI LUMINOR CHRONO REGATTA 2003 40mm PAM00168 Limited 399 units

じわりじわりとデカ厚パネライブームが起こり始めた2003年にリリースされた限定モデル「ルミノールクロノ レガッタ2003」PAM168。

わずか399本の限定モデルです(パネライ的には「2003 スペシャルエディション ウォッチ – パネライ自社工房」と言う枠です)。

ブルーパンダ仕様で現在のトレンドですが、当時も40mmのクロノグラフ(ゼニスムーブメント)人気が出始めた頃なので漏れなくETAベースのレガッタ2003も人気モデルとなりました。

当時の国内定価は892,500円、一時期は定価以上での取引が当たり前でしたね。

パネライがヨットレースの協賛を始めた頃で、「レガッタ」の名が付いていますが機能的にはノーマルのクロノグラフです。

ムーブメントはバルジュー7753ベースの横目デイトプッシュ式クロノグラフ OP XIIです。

40mmクロノグラフでは唯一のブルーダイヤルで、黄色がかったアラビアインデックスと海のように美しいブルーにメリハリのあるシルバーインダイヤルと非常にバランスの取れたスポーティなモデルです。

非常に格好良い。

2000年頃から40mmクロノで味を占めたパネライらしいモデルです。

スティールとチタンのコンビネーションケースで、中身は「ゼニスじゃないのかよ?」と、ね。

エルプリメロ搭載機だったら、この値段では出せません(たぶん)。

なのでシースルーバックにはしていません。

要は「顔さえ良けりゃ今の人気なら売れるっしょ?」みたいなね。

確かに限定品だし売れました。

リシュモングループの思うつぼです。

限定証明書。

40mmとケース径だけ見れば小ぶりですが、パネライなので「分厚い」ですし、クラウンガードがいかついので全然小さくありません。

インパクト大!

こちらのプッシュボタンでデイトのクイックチェンジを行います。

クラウンガードを模したブレスレットリンク。

チタンとステンレスのコンビネーション。

プッシュピンが付属していますので、コレで突いてデイトを早送りします。

ベゼルはピカピカのスティール。

直接タキメーターが打刻されていますので、墨抜けの心配がありますね。

まぁまぁ開けにくいバックル。

ケースバックには2003年うんたらかんたらと打刻されています。

防水は100m。

「 Lauerus Awards May 2003 Firenze 1860 Ocean Chrono Meter」

ワンプッシュで脱着するんですが、引っかかるんだよね~。

夜光がグリーンに輝きますが、もともとイエローカラーのインデックスなので変化は感じませんね。

イケメンフェイスです。

格好良い~。

いかがでしょう?

凄い好きなんですよ、私はこのモデルが。

エルプリメロ搭載機だったらもっと好きだったらかも~。

399本しか無い希少モデルなので、Chrono24にはありませんでした。

持っていらっしゃる方、お宝ですよ~(相場は上がっていませんけどね)。

今年のパネライの新作がアンダー40㎜だったので、もしかしたら小さいパネライブームが来るかも知れません。

その時にはドーンと着けちゃいましょう!

それではまた!

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)