【時計怪獣】ETAの2020年問題 ユニタスムーブメントモデル生産終了 OP I / OP II

さよならユニタス!キャリバー OP I キャリバー OP II パネライの古き良きOP

パネライのマニュファクチュール化が進む一方で、ETAの2020年問題も迫ってきております。脱ETAムーブメントのスイス時計業界は、今後どうなっていくのか気になりますね。今回はパネライの代表的モデルであるOP手巻きキャリバーを搭載したモデルのお話です。

パネライ キャリバー OP I

PAM00630

PAM00630

529,200円

パネライと言えば!

そう、44mmのルミノールケースですよね?

そして手巻き!

いちいち巻くのは面倒だけど、イタリア海軍に採用されたタフでイカした伊達ウォッチには手巻きのムーブメントが1番フィットします。
クラシカルでインパクトあるデザインが多くの時計好きのハートを鷲掴みしてもう20年!
LOGO PAM00000

LOGO PAM00000

ETAの2020年問題を前にユニタスベースのキャリバーは、ついに生産中止となってしまいました。
と、いう事で今回は代表的なムーブメント パネライ OP IとOP Ⅱを搭載したモデルをチェックしていきましょう。
OP Iを搭載しているのは、この12モデル
PAM00000
Panerai Luminor Base LogoPAM00002
Panerai Luminor BasePAM00009
Panerai Luminor Base PVD

PAM00010
Panerai Luminor Base White

PAM00055
Panerai Luminor Base

PAM00130
Panerai Luminor Base Diamond

PAM00360
Panerai Luminor Base Logo PVD Paneristi

PAM00390
Panerai Luminor Boutique Edition

PAM00613
Panerai Radiomir Black Seal Ceramica Istanbul Boutique

PAM00634
Panerai Luminor Base Logo Paneristi 15th Anniversary

PAM01000
Panerai Luminor Base Logo Snapback

PAM00630
Panerai Luminor Base Logo Bianco

PAM00390

PAM00390

馴染みがあるのはPAM00002ですかね?

一般販売が開始された98年当時からラインナップされていたルミノールベースです。

初期モデルですが、更にその初期AシリアルとBシリアルの一部に見られる「トリチウム」ダイヤルは非常に格好良い!

パネライ ルミノールベース PAM00002

パネライ ルミノールベース PAM00002

パネライブーム、リーマンショック前ですかね。

そのころは100万円オーバーなんてこともあったPAM00002やPVD仕様のPAM00009。

PAM00009 B番 黒PVD

PAM00009 B番 黒PVD

2004年頃ですかね?

「ロゴ」が誕生したことで、「廉価版」のイメージを植え付けられた感がありますね。
OP Ⅰは。

ムーブメント 手巻きメカニカル、パネライOP I キャリバー、径16½リーニュ、17石、グリュシデュール®製テンプ、振動数21,600回/時インカブロック®耐震機構。パワーリザーブ56時間

それはOP Ⅰと差を付けた同じユニタス6497(ETA)をベースにしたOP Xが誕生したことがキッカケですね。

スワンネック緩急針とか付いちゃいました。

PAM00112 H番

PAM00112 H番

 (182903)
ムーブメント 手巻きメカニカル、パネライOP X キャリバー、径16½リーニュ、17石、グリュシデュール®製テンプ、振動数21,600回/時インカブロック®耐震機構スワンネック緩急針パワーリザーブ56時間ブリッジにコート・ド・ジュネーブ装飾

シースルーバックから覗けるようになったOP Xも生産終了。

ロレックスのオールドムーブメント(パネライ搭載)にデザインが似ています。

PAM00773

PAM00773

ムーブメント 手巻きメカニカル、パネライ自社製P.6000 キャリバー、径15 ½リーニュ、厚さ4.5mm、19石、振動数21,600回/時。インカブロック®耐震機構。パワーリザーブ3日間、1バレル。構成部品110個。
今年からは自社製キャリバーのP.6000搭載手巻きモデルとなりました。

パネライ キャリバー OP Ⅱ

PAM01005

PAM01005

同じく98年時から使われているOP II。

ルミノールベースと比べると、スモールセコンドのおかげで「動いている」ことを実感できるルミノールマリーナ。

OP II搭載機はたくさんあります。

以下(以外にもブティック限定とかも)ずら~っとね。

PAM00005
Panerai Luminor Marina LogoPAM00082
Panerai Luminor Marina Marina MilitarePAM00001
Panerai Luminor Marina

PAM00003
Panerai Luminor Marina White

PAM00004
Panerai Luminor Marina PVD

PAM00022
Panerai Luminor Marina Destro

PAM00026 Re-Run
Panerai Luminor Marina Left Handed PVD Re-Run

PAM00033
Panerai Luminor Diamond Protector

PAM00036
Panerai Luminor Marina Militare

PAM00037
Panerai Luminor Marina

PAM00040
Panerai Luminor Marina Titanium

PAM00056
Panerai Luminor Marina Destro Titanium

PAM00061
Panerai Luminor Marina Titanium Brown

PAM00366
Panerai Luminor Marina Fu

PAM00367
Panerai Luminor Marina Hong Kong / China

PAM00380
Panerai Radiomir Black Seal Logo

PAM00411
Panerai Luminor Marina Firenze Boutique

他にも複数のブティック限定モデルがあります。
※PAM412~593(連番ではない)など

PAM00026
Panerai Luminor Marina Left Handed PVD

PAM00001 Firenze
Panerai Luminor Marina Firenze Boutique 001

PAM01005
Panerai Luminor Marina Logo Snapback

PAM00660
Panerai Luminor Marina Logo Bianco

PAM00632
Panerai Luminor Marina Logo Tropical

PAM00631
Panerai Luminor Marina Blue Logo

多すぎ。

型番見て「あぁ、アレか」と思いだせますか?

この中ではPAM00001、PAM00005が有名ですね。

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/Cfri8

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)