【レビュー】オメガ 311.30.42.30.03.001 スピードマスター ムーンウォッチ アポロ17号 45周年 1972本限定モデル

OMEGA 311.30.42.30.03.001 SPEEDMASTER MOONWATCH ANNIVERSARY LIMITED SERIES APOLLO XVII 45th ANNIVERSARY

2017年に限定リリースされたスピードマスタープロフェッショナルのアニバーサリーリミテッドシリーズ 311.30.42.30.03.001。

世界限定1972本です。

スピードマスター アポロ17号 45周年記念限定モデル311.30.42.30.03.001は、1972年最後の月面着陸から45周年を記念したモデルでその年から限定数が取られています。

歴史上月面に足跡を残した最後の人物がジーン・サーナン船長で、2017年に亡くなられました。

ダイアルにプリントされた「05:34 GMT」の赤い文字は、人類最後の一歩である、サーナン船長が月面で最後の一歩を残した正確な時刻を示しているそうです。

さて、それでは見ていきましょう。

光沢で高級感あるボックス。

45th Anniversary – APOLLP XVIIの文字。

ゴールドですね~。

特別な冊子。

オメガの記念モデルにはコレが無いとね!

限定数1972本は最近のオメガのスピードマスタープロフェッショナルの中でも数が少ない方ですね。

1972年から45年。

もう45年も人類は月に行っていないんですね~。

かなり豪華な仕様のボックスです。

コレは満足感があります。

かなり大きいけどね・・・

ウォッチケース。

ウォッチケースの下にもアポロマークのミッションエンブレム。

時計のケースバックにも同じメダリオンが描かれていますね。

こんな感じに。

国内定価は745,200円。

ダイヤルもベゼルもブルーセラミック製。

文字盤までセラミックって凄いな。新しいな。

このベゼルのゴールドの刻印はセラゴールド技術って言うそうです。

キャリバー1861 手巻きクロノグラフムーブメント。

42mmのケース径はいつも通り。

サファイアクリスタルを採用し、このモデルは高級感があり耐傷性に優れていますね。

う~ん、美しいですね。

スピードマスタープロフェッショナルなんだけど、かなりキレイだな。

武骨さで売っていたと思ったんだけどね。

ケーバックにはシールで見えませんが、ミッションエンブレムと「45th ANNIVERSARY」「Limited Edition」「a tribute to Gene Cernan」の文字が刻印されています。

セラミック製ダイヤル。

05:34 GMT」の赤い文字。

その下には酸化ジルコニウム(ZRO2=セラミック的な)の記載がありますね。

9時位置のインダイヤルにはなんか困った顔のアポロ神と、ゴールドの「17」。

ここはスモセコです。

3時位置には30分積算計。

針もインデックスも18Kのイエローゴールドを使用している高級モデル。

アプライドインデックス・・・18Kの塊だ~。

セラミックにキレイに数字がゴールドに乗っています。

コレがセラゴールドの効果。

ベースはシンプルで武骨なスピードマスタープロフェッショナルですが、ベゼルにダイヤルに針にインデックスにガラスにと要所要所にに高級素材を使用し「特別なモデル」としての存在感を出していますね。

とてもキレイなモデルです。

Chrono24を覗きましたが、311.30.42.30.03.001はまだグングン値上がりしている感じはありません。

ただ定価以上にはなっていますのでブティックで見かけたらゲットしておいても良いかも知れませんよ。

まぁ高騰を期待しながら購入するよりも、単純に美しいクロノグラフとして愛用することをオススメしたいですね。

今回はオメガ 311.30.42.30.03.001 スピードマスター ムーンウォッチ アポロ17号 45周年 1972本限定モデルでした。

それでは!

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)