【レビュー】ロレックス 114300 オイスターパーペチュアル39 ブルーダイヤル

Rolex 114300 Oyster Perpetual 39 Blue Dial

”オイパペ”の愛称で親しまれているロレックスのエントリーモデル オイスターパーペチュアル39 Ref.114300。

2015年に新しくオイパペシリーズにラインナップされた39mmケースですね。

ヨットマスターより先にダークロジウムダイヤルを搭載させたシリーズでじんわりと人気が出ています。

国内定価は583,200円。

旧エアキングもラインナップされていた114200は34mmですので5mmも大きくなりました。

エクスプローラーⅠと同サイズですが、こんもりした厚めのポリッシュドベゼルのおかげでボリューミーです。

ネイビーカラーに夜光インデックスが3.6.9時位置にセットされていてスポーティなデザインになっていますね。

100m防水、ノーデイト表示。

腕のおさまりは悪くありません。

肉厚なベゼルでダイヤルはドーンと出てきません。

まぁ以前からのオイパペに慣れていると「おお・・・大きいな」とは思いますが、それでもアンダー40mmですからね。

ここ1年の並行新品価格は大きくは変わっていません。

ん~10%くらい上がっているから、けっこう変わっていると言うのかな?

1年前は45万円、現在は49万円くらいと、国内定価以下で推移していますね。

ムーブメントはキャリバー 3132(クロノメーター)と、現行エクスプローラーⅠと同じですね。

もうほぼエクスプローラーⅠですね(チガウ)。

バックルやケースのデイティールなどは違いますが現行エクスプローラーⅠ Ref.214270の国内定価669,600円から見ますと、同等のスペックで定価が8万円近く安いですね。

お買い得な気もします。

長い目で見ればオイパペよりスポーツモデルのエクスプローラーⅠを選んでおいた方が良いでしょう。

値段がじわりと上がるのはスポーツモデルの方が確率高いからですね。

ケースバックだけ見たらオイパペ39なのかエクスプローラーⅠなのか判断難しいかも。

バックルはシングルです。

プレートはドレスモデルなので誕生時から鏡面仕上げ。

ミニッツトラックのイエローグリーンがネイビーダイヤルのアクセントになっていて「今どき」な感じがします。

いかがでしょう?

黒じゃつまらない、ネイビーダイヤルのエクスプローラーⅠが欲しかったな~みたいな方いらっしゃいませんか?

このオイパペ39はダークロジウムダイヤルが1番人気です。

たしかにダークロジウムは素敵です。

でもこの深いブルーも良いでしょう?

34mmや36mmじゃ小さいよ!って方、それでいて皆が持っているエクスプローラーⅠが嫌とか、スポーツモデルは仕事にはダメって方にフィットするんだと思います。

存在感もあり、高級感もしっかりあるロレックスのエントリーモデル「オイスターパーペチュアル」でした。

では!

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)