【レビュー】ロレックス 116613LB 現行青サブ ブルーセラクロムベゼル

ROLEX SUBMARINER 116613LB BLUE CERAMIC 18K

今回は2009年にリリースされたセラクロムベゼルを搭載した新型サブマリーナーデイト・ロレゾールモデル116613LB。
約20年間ものロングセールスを終えたRef.16613と比べ数字的には大きなスペックアップはありませんでしたが、見た目の華やかさと耐久性は向上しました。

116618のリリースは2008年ですので、今年で新型サブマリーナーは10周年となります。

40mm
300m防水
クロノメーター認定Cal.3135

国内定価は1,393,200円。

このブログでは初ですが、時計怪獣で1回見ていますので細かいディティールはそちらに任せて今回は現在の相場を見ていこうかと思います。

【レビュー】ロレックス 116613LB ブルーセラクロムベゼル・サブマリーナーデイト

※前回のレビューも併せてご覧ください。

それでは現在の価格などをチェックしていきましょう。

116613LBは2009~2014のマットブルーダイヤル、2014~現在の艶ありサンレイブルーダイヤルがあります。

価格差はありません(古いのでマットの方が安いことはありますが)。

Chrono24を見てみますと、保証書付きになると120万円くらいからとなりますね。

価格コムでは並行新品価格が140万円くらいなので国内定価と同じような感じになっています。

昨年の10月くらいに高騰したのは他のスポーツモデルと同様の動きですね。

2017年の1月には114万円で新品が買えたことを考えますと国内定価より10%くらい安かったのでお買い得でした。

楽天市場では中古保証書ありGシリアルは約130万円。

こちらは現行の艶ありの文字盤。

高級感のある放射する光に、ゴールドレター。

針もインデックスフレームもゴールド。

サイドビューはいつものサブマリーナーですけど、ベゼルもクラウンも18Kイエローゴールドなのがわかります。

逆サイド。

ブレスレット・バックルの中央はポリッシュ加工の18Kイエローゴールドなので、キズが気になるポイントです。

ポリッシュ仕上げのバックルプレート。

高級感はありますけどね、ここはキズが付くので梨地でも良かったな。

コンビネーション(ロレゾール)ですが旧型バックル(2015年まで)は梨地仕上げでしたね。

こっちのほうが実用的。

ベゼルの数字や目盛にはゴールドコーディング。

傷だらけのベゼルシール問題は、セラクロムベゼルの誕生で解消されました。

オイスターロッククラスプ、セーフティキャッチ付(ダブルフック) グライドロック エクステンション システムバックル。

この開発は、本当に素晴らしいと思いますね。さすがロレックス。

なんで今までなかったんだろう?と過去のバックルに言ってやりたい。

小さい事かも知れませんが、ダイバーには相当ね便利になったと思います。

いかがでしょうか。

大人リッチなサブマリーナーコンビネーション116613LB。

マリーンブルーにゴールドの組み合わせが本当にグッドです。

さて、気になるのは新作ですね。

キャリバー3135の終わりはいつでしょうか?

次世代サブマリーナーには「黒サブ」「青サブ」以外のコンビネーションモデルが出ることに期待したいですね。

 (169788)

126613LVなんてね。

何かの記念とかじゃないと難しいか~。

サブマリーナー誕生65周年の年ですが、ロレックスにとっては中途半端だね。

では!

【レビュー】ロレックス 116610LN サブマリーナーデイト 今の相場を見る!

【レビュー】ロレックス 116610LV ただいま高騰中のグリーンサブマリーナー

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)