【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー 今の相場を見る!43mmのサブマリーナー

2017 NEW MODEL ROLEX SEA-DWELLER Reference.126600 43mm Cal.3235

2017年のロレックス最新作でサイクロップレンズが初めてセットされた43mmのシードゥエラー126600。

遂にロングパワーリザーブ次世代ムーブメント3235を搭載したスポーツロレックスが誕生しました。

更には43mmと言う大型化、デイトにはサイクロップレンズと既存のシードゥエラーじゃなくなってしまった感があります。

え?これシードゥエラーなの?と感じているロレックスファンもまだ多いかな?

しかし新ムーブメントの搭載は、今後のスポーツロレックスの世代交代を期待させる出来事になっています。

シードゥエラー誕生50周年と言う記念モデルでしたので、ダイヤルのレッドレターが特徴です。

愛称は「赤シード」。

国内定価は1,166,400円です。

中古でもまだ140万円以上するプレミアムプライス。

リリースから1年も経っていませんので、まずまずこんなものでしょう。

2017年の5月、ファーストリリースは200万円。そこからぐいぐい急落して10月までには150万円を切る並行新品価格。

しかしそこからまた値上がりし、160万円くらいで落ち着きました。

大きさ・・・ですかね。

人気が思ったより出なかったのは。

格好良さはなかなかなんです。

物珍しさはありませんけどね、そこがロレックスなんです。

長く続くシリーズにヘンテコな改悪は不要です。

ケースバックはそこまで大きくないので、ケースの中心部にちょこんとセットされています。

クラウンガードの力強さと言ったらね。

そりゃあもう。

ヘリウムガスエスケープバルブが無いとシードゥエラーとは言えません。

ロレックスグライドロック エクステンション システム。

フリップロック(エクステンションリンク)。

2017年生まれなのでピカピカ鏡面仕上げ。

このボリューム。

16mmの厚さも、この存在感を後押ししています。

サイクロップレンズは必要だったのかな?

この角度じゃまずデイトが見えない。

真正面は確かにレンズのおかげで大きく見えますけど、角度を変えるとね。

シードゥエラーはCal.3235を乗せ進化しました。

さすがに2018年に「何も無し」ということはないでしょう?

と、なると32**新キャリバーか、単純に3135を3235に乗せ換えるか。

現在3135を使用しているスポーツモデルはヨットマスター40、サブマリーナーデイト、ディープシー。

このあたりに動きがあるのかでしょうね。

この新型シードゥエラーが正規店に普通に並ぶことは今後あるのかな?

Dブルーのように、ずっとプレミアムプライスのままなのか、116600の時の様に店頭で並び続けるベンチウォーマーになるのかは、今後の新作次第。

このやって見ると、けっこう違うんですよね。

大きさと存在感が。

街中で新型シードゥエラーを見かけることはあまりありませんが、着けていたらすぐそれとわかるでしょう。

ブレスレットの太さが際立ちますね。

まさか、他のスポーツモデルもこぞって43mmケースになるなんてことは無いでしょうけど。

ケース、特にラグの太さ問題が解消された126600のデザインバランスは6桁スポーツの中でも秀逸。

あとは、このサイズ感に慣れれば意外に「無し」では無いのかも知れません。

定価で買えるなら、まだまだラッキーなモデルです。

ワンチャン狙って正規店に行ってみてはいかがでしょうか?

では。

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)