【レビュー】ロレックス 116500LN デイトナ 黒文字盤 こっちの方がダンディだ!

ROLEX THE COSMOGRAPH DAYTONA 116500LN

明けましておめでとうございます。

今年もZENMAIのココ東京をよろしくお願いいたします。

なんとかブログを1年間毎日更新しようと思いまして、ようやく残り1ヶ月を切りました。

頑張るぞ~。

さて2018年の一発目は、大人気モデル新型コスモグラフデイトナ116500LNから、アダルトな魅力がムンムンなブラックダイヤルをレビューしていきます。

今回のデイトナは黒文字盤より白文字盤の方が人気で、相場も10万円以上違いますね。

いつもは黒文字盤の方が人気だったんですが、白文字盤のメリハリが現在のブームなので仕方ない。

いずれ黒の時代がまたやってくるかも知れません(途中で逆転したことは無いでしょうけど)。

今年2018年はリリースから3年目となり、そろそろ値段も落ちてきて欲しいな~と皆さんも思っていることでしょう。

前作116520も2000年2001年と非常に高い相場でしたが、2002年にはようやく落ち着きました。

2002年

こちらは116520。

こちらは116500LN。

全然違うな・・・

おかしいな。

116520の時は3年目に値が落ち着いた後には、前作16520の再評価がありました。

116500LNの今回は値も落ち着かず、116520も評価されており、更には16520も急騰しました。

短期間で見ると今年はどうなるのか、まったく予想がつかない状況ですね。

どうしても「正規店で定価で買いたい」って夢、だれしも抱いていることでしょう。

わたしも「奇跡」に出会いたい(笑)

もし、皆さんフラっと立ち寄った正規店に「ありますよ」って言われたら「え?」って二度聞きしちゃいますよね。

あ~宝くじ当たらないかな?みたいなのと同じ夢の話(笑)

それでも年に何人かは、いや何百人かはそんなにラッキーな人がいるんだろうな。

因みに知人に1人います。

都内の百貨店にあったそうです。

平日でした。

LINEが来ましたからね、衝撃的でした(笑)

羨ましい。

フィット感抜群のオイスターブレスレット。

着け慣れた感もあると思いますが、オイスターブレスレットを悪く評価する人は少ないですね。

調整もしやすいし、壊れることも多くありません。

新型のバックルは鏡面プレートです。

116520の後期モデルと交換するような人も出てこないとも限りません・・・

中古でも200万円以上で売れていますので、まだまだ相場が下落することはないのかな。

158万円くらいで新品が買えたらな~なんて思います。

あと2年くらい我慢ですかね。

以前までは「白文字盤」のインパクトにやられ、絶対に116500LNは白文字盤が良い!と頑なに思っていましたが、今は黒文字盤のダンディな魅力の虜です。

惚れ惚れするほど格好良い。

さぁ、どうでしょう?

私の中ではナンバー1のデイトナです。

116520にも16520にも興味を持てなかったのですが、このセラクロムベゼルは本当に素晴らしい。

いやキズ防止のこともそうですが、デザインがグッと良くなりましたね。

なんでしょうね、ベゼルだけの話なんですが全然違うように見えるのです。

いいですね~。

いつかは正規店で買ってみたい。

と、いう事で2018年最初の記事でした。

それでは皆さん今年1年が素晴らしい時計ライフになることを!

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)