【時計怪獣】日本ロレックスの「換金/転売防止策」について

なぜ日本ロレックスは保護シールを剥がしてしまうのか?

以前は違っていましたし、転売防止とか何とか言ってスイスのロレックスが貼って卸したものを何故に日本ロレックスは剥がしてしまうのか?う~ん謎だ・・・

 (177462)

なぜ日本ロレックスは保護シールを剥がしてしまうのか?

「なぜ日本ロレックスは保護シールを剥がしてしまうのか?」

ロレックスの正規店で購入したことがある方はご存知かと思いますが、ショーケースに並ぶ新品のロレックスには保護シールがケースサイド、フラッシュフィット、ケースバック、ブレスレットおよびバックル、バックルプレートに貼られています。

もちろん「キズ」から新品のロレックスを保護する目的ですね。
 (177936)
また、ベゼルにはベゼル用のカバーや、クロノメーターの証明タグ、型番とブレスレットのナンバーが記載されたバーコードタグなんかも付いています。
こちらも保護と管理用の目的のためでしょう。
おそらく、日本以外での正規店でも同じように展示されているロレックスには保護シールが貼られていて、付属品にはタグやベゼルカバーも付いていると思います。

で、買われた方は知ってると思いますが、これらの保護シールは全て剥がされて渡されます。

ベゼルカバーは回収され、管理タグも付いてきません…

ブツブツ言う前に「ロレックスの公式ホームページ」「ロレックスを購入する」を覗いてみましょう。
ロレックスを購入する

ロレックスを購入する

ロレックスを試着する
ロレックスの正規品販売店
新しい真正のロレックスをお求めいただけるのは、唯一、ロレックスの正規品販売店です。確かな知識、スキルと技術的なノウハウをもつロレックスの正規品販売店が、お客様のロレックスの信頼性を保証し、世界中の正規販売店共通の5年保証を発行いたします。ロレックスの正規品販売店のネットワークは世界100ヶ国以上に広がります。ロレックスを体感する
私たちロレックスは自社製品に誇りを持っています。お客様ご自身がロレックスの細部にまでいたるこだわり、均衡のとれた重量感、快適性と操作性、そして感触を実際に確かめ、体感することが最良だと信じています。確かな知識、スキルと技術的なノウハウをもつロレックスの正規品販売店では、あらゆる技術的なアドバイスとともに幅広いバリエーションの中から、最適なロレックスをお求めいただけるようお客様のお手伝いをさせて頂きます。購入時
プレゼンテーションボックス
すべてのロレックスは大切な時計を保護し、保管するために、美しいグリーンレザーのプレゼンテーションボックスに収められています。また、ギフトとしてロレックスをお求めいただいた場合、このプレゼンテーションボックスは、より重要な意味を持ちます。それは、贈られた方にとって、このボックスがロレックスとの最初の出会いとなり、中に収められた時計との大切なシーンを作る存在となるからです。手首へのフィッティング
快適な装着感を実現するために、ロレックスの正規品販売店は時計のブレスレットやストラップを最適なサイズに調整するための専門技術と工具を有しています。ブレスレットの駒は、必要な場合、追加または取り外しが可能です。5年保証
すべての新しいロレックス時計には、ロレックスが発行する5年保証が適用されます。保証カードにはご購入日の日付が記入され、ロレックスで登録されます。

 (177460)

いかがでしょう?

どこにも「保護シールは購入時に剥がさせて頂きます」とか「管理用のタグはお渡しいたしません」と書いていないのです。

では「何のために」保護シールを剥がし、ベゼルカバーとタグを回収するのでしょうか?

転売防止

 (177461)
当然、日本ロレックスははっきりとは言いませんが「転売」を防止するための施策だと考えられています。

大黒屋やジャックロード、宝石広場、かめ吉などメジャーな中古時計ショップは「保護シール」があるのとないのでは「買取額」が「大きく」異なります。

保護シールや付属品がないと「中古」扱いされることもしばしば。

クレジットカードの換金などの問題もあるでしょう。

換金性の高いロレックスは、換金対象となりやすい為、もしかしたら日本の警察に抑止するよう協力を求められているのかも知れません。

需要が供給を上回るから転売が発生する

スティールのデイトナをはじめ人気のスポーツモデルは店頭に並ぶことも稀で、欲しくても買うことができない方が大勢います。

スイスのロレックス本社はもちろん、この人気モデルの供給が足りていない状況について知っていますし、わざと生産調整をしているのですから、店頭に並ばないのは当たり前なんですね。

わざと足りない状況を作り、人気や相場を操作しているのです。

ブランド価値を高める施策であり、ロレックスの戦略なのです。

そもそも、ロレックスは「誰に」売っても、1本販売する利益は同じですから、わざわざ客を選んだり新品を中古のようにシールを剥がして売る必要は無いのです。

ただ、転売しちゃうような方に売るより、今後につながりそうな人のよさそうな夫婦客の方が将来的に期待ができます。
転売しちゃう方に売っても「人気モデル」しか買ってくれないじゃん。と言う結果は、正規店にとっては面白くないのも事実でしょうね。でも人の良さそうな夫婦が2本も3本もロレックスを買うか?と聞かれたら・・・ねぇ。
見込み客は気の良い夫婦なのか、スポーツモデルならバンバン買うぜ!と言う転売ヤーなのか。
ロレックスは儲けの多いデイトジャストやデイデイトが売りたいし、パテックフィリップの様にドレスモデルやコンプリケーションもいつかは高額で扱いたいので、スポーツモデルばかり買うような客はいらないのかも知れませんね。
 (177463)

かと言って、剥がさなきゃ売ってくれないって・・・

正規店の対応はまちまちですが、保護シールはかならず「剥がした状態でお渡しする」ことは統一しています。

スタッフの方が剥がすのか、購入者が剥がすのか、剥がしたシールはくれるのか破棄してしまうのか、ベゼルカバーはくれるのか・・・

いやいや、でもね。
スイスのロレックスは「キズがつかないように」保護シールを貼って送ってくるわけでしょ?さらには展示中のキズ、試着時のキズも防止するためですよね?

腕時計の楽しみ方は人それぞれですので「自宅で展示して眺めたい」と思っている方も中にはいるかも知れません。

そんな方には保護シールがあった方が保存状態が良くなると思うのです。

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/Uuqq1

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)