【レビュー】オメガ 3592.50.00 トリチウム&金メッキムーブメント スピードマスター プロフェッショナル

OMEGA SPEEDMASTER DE LUXE 1989 – 1995 Cal.863

約30年も作り続けられたムーンウォッチのロングセラーモデルST145.022。

第5世代のスピードマスタープロフェッショナルにあたります。

1988年頃にオメガのリファレンス変更施策を受け、1996年まで3590.50.00(3590-50)となりました。

第5世代はキャリバー861を搭載し、トリチウム夜光を採用しています。

ダイヤルの雰囲気からセミビンテージとしてスピマスファンに愛されるモデルですが、今回は裏蓋がシースルーバックになっている「3592.50.00」を見ていこうと思います。

オメガは「デラックス」と呼んでいます。

ノーマルの3590-50と外観上の違いはありませんね。

トリチウム夜光が焼けていますが、全体的にキレイな個体だな。

ヨダレが出ます。

シースルーバックから金メッキが施された「デラックス」なムーブメント、キャリバー863がお目見えです。

美しいしゴージャス(Cal.861に金メッキ処理をしています)

ケースバックには「OMEGA SPEEDMASTER PROFFESIONAL THE FIRST WATCH WORN ON THE MOON」と刻印されています。

同じ3952-50にはアポロ11号の刻印があるモノが存在しますね。

赤線の部分です。

こちらもアポロ11号が月面着陸した記念モデル。

1999年だから着陸30周年ですね。

3560.50です。

3592-50に戻ります。

シースルーバックになると10万円くらい高くなるのですが、完全に「自己満足」のオプションです。

誰にも気づかれない。

でも、そこが良いじゃない。

自分だけが楽しめば。自分しか楽しめないなんてステキです(オタク)。

ブレスレットが3590.50系最後(3570.50ではノーマル)のものが付いています。

3連ブレスの中央パーツのサイドがポリッシュになっていますね。

サイドビュー。

こんもりしたプラ風防が愛おしい。

凄い格好良い。

絶対に今後高騰してきますよ!きっと。

10年後か、20年後か(笑)

あら、でもホラ。

Chrono24にも、もう5本しか無いよ。

しかも高い・・・おぉぉ。

日本じゃそんなにまだ高騰しているとは言えませんが、徐々に評価が高くなっていることだけは確か。

そんな中、限定でもないけど私はトリチウムのスピードマスタープロフェッショナルを推したい!

普通に格好良い!

昔は同じ値段でサブマリーナー5513が買えたのにな(笑)

もしかしたら手巻きスピードマスターのトリチウムもじんわり来るかも知れないでしょ?

そうしたら、やっぱり「シースルーバック」で金メッキムーブメントCal.863が入っている方が良いじゃない。

ってことで、3592.50.00です。

もうね、なかなか売ってない!でも付属品付30万円代はきっと見つかる!

シースルーバックじゃない3590.50は20万円代できっと見つかる!

諦めずに気長に探しましょう(笑)

では。

【レビュー】オメガの傑作 3570.50.00と3590.50.00 スピードマスター・プロフェッショナル 今買うならどっち?

【レビュー】画像大量 オメガ スピードマスター プロフェッショナル ~3rdモデルから6thモデルまで~

【トップ20】Chrono24で見る世界のスピードマスタープロフェッショナル人気 2017年版

【レビュー】オメガ 伝説のファーストモデル復刻 スピードマスター 1957 トリロジー 311.10.39.30.01.001

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)