【レビュー】オーデマ・ピゲ 26703ST.OO.A051CA.01 ロイヤルオーク オフショアダイバークロノグラフ

Audemars Piguet Royal Oak Offshore Diver Chronograph 42mm 26703st.oo.a051ca.01

2016年にリリースされたオーデマ・ピゲ オフショアダイバーシリーズの初クロノグラフです。

とってもファンキーなカラーリングで「え?ウブロ?」と勘違いしたオーデマ・ピゲのファンも多かったのではないでしょうか?

ブティック限定とは言え、こんな派手なモデルを買うのはいったいどんな人なんでしょうね。

国内定価は3,024,000円。

なかなかの金額でしょ?「遊び」で買うはずのモデルなんですが、お小遣いで買える金額ではありません・・・。

ですが、インパクトはあり、実は好評なモデルで2017年の今年は同じカラーリングのオフショアダイバーが出るほどです。

インパクトだけではなく、スペックも非常に高く、更には視認性にも長けたデザインですね。

シャンシャンはピンクパンダでしたが、このダイバーはイエローパンダです。

2カウンターにしたのがデザイン的に良かったですね。ゴチャゴチャしがちなクロノグラフですが、ダイバーウォッチとしてはパッと見て必要な情報がすぐに確認できないと命にかかわります。

SIHH2017新作 ロイヤルオーク オフショアダイバーカラフル

オーデマ・ピゲの見慣れた箱を開けると~

ファンキーイエロー!

ぶしゃぁぁぁぁ


夏を思わせる、明るいイエローのロイヤル オーク オフショア。

力強く、爽やかでファンキー。夏を思わせる、明るいイエローのロイヤル オーク オフショア。力強く、爽やかでファンキー。
パワーリザーブ約50時間、59石、21,600振動/時の自動巻自社製キャリバー3124/3841をサファイアクリスタルのケースバックを持つ42ミリのステンレススティールケースに格納しています。<オーデマ・ピゲのHPより>


オフショアダイバーは42mmの展開です。

このクロノグラフも同じ。

厚みは14.75mmとノーマルバージョンのオフショアダイバー(14.1 mm)よりやや厚め。

ズシっと180グラムくらいありますね。

300m防水のまま、インナーベゼルも装備しています。

シースルーバックから自社製キャリバー3124/3841が覗けます。

ウェットスーツでも大丈夫なように尾錠タイプ。

セイコーダイバーと同じ。

ラバーの質感は悪くありません。

Offshoreの文字が刻印されています。

[BR.403.685.027CA]

ラバーストラップの価格は幾らくらいですかね?

アクアノートのラバーより高いかな?

こんな色もありますけど、皆さんはドレが好みですかね?

私はグリーンかな。

いかがでしょう?

イタリア人やジャマイカンしか着けられないんじゃないか?と思われるクレイジーなビビットイエロー。

まさにファンキーでリッチなオジサンにフィットします。

もちろんセカンド、サードウォッチ的なね。

まったくもって遊び感覚で1年に2.3度着ければいいんじゃない?くらいの人向けに違いありません。

私が買う時があるとすれば宝くじを2回ほど当てた後でしょうか(笑)

ではまた!

【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク オフショア ダイバー 15710ST.OO.A002CA.01

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ フォージトカーボン 26400AU.OO.A002CA.01

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)