【レビュー】ロレックス 116333 デイトジャスト2 さらばCal.3136

Rolex DateJust II 41mm 116333-BLKRFO

2009年に初お目見えした「デイトジャストⅡ」。

ロレックス・・・やりやがったな!と誰もが思いましたね。

その1年前、バーゼルワールド2008での「デイデイトⅡ」発表で度肝を抜かれましたが、やはりデイトジャストもそうなっちゃうかと・・・。

ドレスウォッチ「デイトジャスト」が36mmから41mmにサイズアップし「迫力・存在感」が半端ないことに。

実物見た時は・・・たしかグレーダイヤルの116333

これこれ、コレを初めて見た時は素直に「格好良いな」なんて感じました。

国内定価は1,198,800円。

ゴールドを使ったロレゾールモデルなので、この定価も仕方ありませんね。

2016年には後継モデルでロングパワーリザーブムーブメントCal.3235(70時間)を搭載したデイトジャスト41が誕生。

Ref.126333へと移り変わりました。

カタログからもデイトジャストⅡの名は消え、デイトジャスト41、36、34、31、28の5サイズ展開となっています。

(今回の記事に関係ないですがレディースも26mmが無くなって28mmにサイズアップしていますね)

オメガのコンステレーションも質感が上がりサイズアップしてきているので、良きライバルとなっていたのですが、デイトジャスト41となり、また一歩先へロレックスは行きましたね。

36mmのデイトジャストと並べてみると、かなりサイズ感が違います。

またデイトジャスト2ではジュビリーブレスレットのモデルが無いためオイスターなんですが、よりマッチョに見えますね。

力強い新しいデイトジャストでしたけど、デイトジャスト41に変わりジュビリー復活しました・・・。

比べちゃうと16233はなんだか華奢で頼りない感じ。

90年代の大人気モデル。

116333のケース厚は12mm。

もちろんオイスタケースなので防水100m。

バックルは進化しゴツくなっています。

ゴールドなのでキズが目立ちますね。

41mmもあるのでインパクトありますね。

しかもブラックダイヤルに、ゴールドのローマンインデックス。

迫力あります。

116333は生産終了モデルです。

ロレックスの生産終了モデルは高騰する傾向にありますが、それはスポーツモデルのお話。

ドレスモデルはね~。

と言いつつ中古なのに定価近い約100万円の相場です。

並行新品価格も同じような感じ。

パッと見同じようなRef.126333。

ロングパワーリザーブムーブメント搭載で便利。

因みにロレゾールオイスターよりジュビリーブレスレットの方が高いです。

では!

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)