【レビュー】ロレックス ヨットマスター 116655 エバーローズゴールド無垢×セラクロムベゼル×オイスターフレックスブレスレット

Rolex Yacht-Master 116655, Everose gold, on Rubber Strap and with ceramic black bezel 

2015年に誕生した「オイスターフレックスブレスレット」初搭載機 ヨットマスター40 116655。

マットセラクロムベゼルとエバーローズゴールド無垢ケースの格好良さに、スポーティなラバーストラップ「オイスターフレックスブレスレット」の相性が良く、素晴らしいモデルが誕生したな~と当時は思いました。

侍ジャパンの稲葉監督もご愛用。

汗をかいても大丈夫、金無垢でも重さを気にしなくて大丈夫、キズもセラミックベゼルで大丈夫と野球人にも愛されることでしょう。

2017年の今年、デイトナでも同じように無垢ケースセラクロムベゼル+オイスターフレックスが誕生しましたので、今後スポーツモデルはこの組み合わせが流行るかも知れません。

サブマリーナーにも相性良さそうですし、GMTマスター2でも合わないことはないでしょう。

現在ダイヤルバリエーションはブラックのみなのですが・・・

ロレックスのHPを見ますと

https://www.rolex.com/ja/watches/yacht-master/m116655-0001.html

となり、116655-0001で末尾が「1」。

違うバリエーションのダイヤルが出れば「2」「3」となっていくかと思ってい増したが、画像を見ていただきますと白タグの数字が「2」になっていますね。

・・・・?

あれ?・・・まぁいいか。

そのうち人気のチョコレートカラーやピンクなども出てきそうですね。

チョコはロレゾールで推していますので、もうしばらくお待ちください。

オイスターフレックスのバックルももちろんエバーローズゴールド無垢。

ゴージャスですね。

オイスターフレックスブレスレットは肉厚でフィット感もわるくありません。

ヒダヒダがクッションになっていますが、汚れがたまりやすいので、ちょこちょこお手入れしてください。

ぬるま湯でブレスレットだけ洗いたいですけど、リシュモングループのようにワンタッチで外せないのがネックです。

オイスターフレックスブレスレットはカットしてサイズ変更ができません。

バックルの内側で0.5cmずつ微調整できますけど、大き過ぎる小さ過ぎるには対応できないので、片側30000円で日本ロレックスで購入して交換しましょう。

主に並行新品を買う方、中古を買う方ですね。正規店で新品を買う差異には合うサイズを選べます(在庫が無い時はどうするんだろう)。

存在感、満足感、装着感と良いバランスの金無垢モデルです。

40代以上のオッサンでも格好良く着けられますね!

でも仕事には無理か・・・

Yacht-Masterのモデル名が赤くペイントされています。

格好良いな~。

いかがでしょう?

国内定価2,570,400円、現在の並行新品価格はやや安の240万円ちょい。

コレだったら正規店で買ってサイズもピッタリが良いですね。

中古も人気があるので200万円を軽く超えてきます。

おいそれと買えるモデルではありませんね・・・

でも欲しい!大人モテ時計!

これは良いモデルだと思います。

最近ヨットマスターが元気ですよね。

では。

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)