【レビュー】パネライ PAM00122 と PAM00072 ルミノール クロノグラフ40mm エルプリメロ搭載機

Panerai Luminor Chronograph El Primero PAM00122 & PAM00072

ゼニスのエルプリメロCal.400をベースにした自動巻クロノグラフCal.OP Ⅳを搭載したPAM122。

※PAM121はレザーストラップモデル

パネライの40mmクロノの中でも1、2を争うイケメンです。

グレーダイヤルにシルバーカラーのインダイヤルが映えます。

定かではありませんが、1500本の製造予定が途中LVMH(ゼニス)からのムーブメント配給がストップしたため、最後まで作れなかったそうです。

PAM122はいったい何本製造されたのでしょうか・・・

エルプリメロムーブメント搭載の最終モデルとなりました。

PAM00072や74はブラックモノトーンです。

皆さんはどちらがお好みですか?

これは悩むな・・・

チタンケースにスティール製ベゼル。

クラウンガードとクロノプッシャーがうまくデザインされていて一体感がありますね。

厚さは15mmもあり、重くはないのですが存在感はあります。

とは言え、40mmですのでロレックスのデイトナとケース径の数字上は同じ(116520の厚さは13mmですけどね)

ビッグブロック!

細やかなパーツで組まれたSSとチタンのブレスレット。

ケースバックからエルプリメロが覗けます。

さすがにキレイなムーブメント!

国内定価1,008,000円ですので、それなりの仕上げです。

ポリッシュ技術が必要なコンビネーションブレスレット。

半分チタンなのでイメージ(見た目のボリューム)より軽いですね。

約150グラム。

両サイドからのプッシュ式脱着のバックル。

意外に使いづらいです。

あ~格好良い。

ヤバイですね。

Chrono24でも軒並み100万円オーバーばかり。

カレンダーは同じもの使いやがったな(笑)

グレーダイヤルにブラックカラーのカレンダーディスク。

デイト表示はPAM00072の方が一体感があります。

2本目はオールブラックのPAM00072。

PAM72のイケメンぶりもなかなか。

同じエルプリメロを搭載したロレックスのデイトナ16520。

アラビアとバーとインデックスの違いもありパネライの方がミリタリー色が強いでしょうか。

PAM00072 PAM00074の文字盤

2000年から2003年まで製造されたPAM00072/74のダイヤルにはバリエーションがあります。

スーツなどには、こちらの方が似合います。

派手さが無いからね。長く使える良いデザイン。

すこしローターなどの仕上げが違いますが同じムーブメントCal.OP Ⅳが搭載されています。

こちらもコンビネーションブレスレット。

ダイヤルだけの違いと言えば、そんな感じの2本でした。

現在はそんなに価値を認められていないので国内では100万円以下で見つかるでしょう。

でも、いつの日かまた盛り上がることを期待しましょう!

あとは他人にどう見られようが「格好良いから」って使える方がね良いですね。

 

 

 

【レビュー】パネライ ルミノールクロノグラフ PAM00074 エルプリメロ搭載の40mmクロノ

【時計怪獣】パネライ+ゼニス・エルプリメロ あの輝きをもう一度!

パネライ x ゼニス・エルプリメロ いつか稀少になるレアパネライ

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)