【レビュー】チュードル 79260 クロノタイム”TIGER”パンダダイヤル H2シリアル

Tudor Prince Date Tiger Chronograph Automatic Ref. 79260

チュードルの人気クロノグラフと言えば「クロノタイム」でしょう。

バルジュー7750を搭載した縦目2トーンダイヤルが魅力的。

1976年に初期型がリリースされ、791**系へと引き継がれ、792**系が最後のモデルとなります。

今回はそんな792**系の中でも、限定ダイヤルを搭載する通称「クロノタイガー」を見ていこうと思います。

当時は最高のゴルファーであり、多くの愛人を囲うタイガー・ウッズ氏がアンバサダーを務めた1997年。

約4年間、限定生産された「TIGER」ダイヤル。

ハイ、こちらはだいたい2000年くらいのモデル。

ラグがポリッシュされていませんので最終タイプ「P」ではありませんね。

白文字盤に黒目「パンダ」です。

艶のあるホワイトは、デイトナのポーセリンダイヤルとは違いチープさが漂います。

ある意味で良い感じですね(笑)

この頃にはすべて外装パーツはチュードルのもの。

ロレックスマニアが段々と敬遠してきたころですね。

まだ10万円代で売られていたな・・・。

盾クラウンにねじ込み式のプッシャー。

100m防水です。

文字盤にオイスターの文字はありませんね。

TUDOR PRINCE DATE AUTOMATIC CHRONOTIME TIGER

チュードルにもクラスプコードがありますね。

私はこの5連ブレスレットが苦手です。

盾マークのシングルバックル。

シンプル。

クロノタイムは5連ブレスレットより3連ブレスレットの方が高く取引されます。

でもクロノタイガーに3連ってあったっけかな・・・いや、あるな。うん、ある。

クロノタイガーは、かなりのカラーバリエーションがあり楽しいですね。

他のメーカーじゃ作らないだろうなってダイヤルがたくさんありますので、今となってはお宝状態。

当時は「え?なんで?」と皆が思っていましたし、中古でカラーダイヤルが安く売っていても誰も見向きもしていなかった印象です。

オマケで当時の冊子を見てみましょう。

まだサブマリーナーが売っていました。

今Ref7910を探したら、こんな値段ですよ(笑)

タイガー買ってる場合じゃない!

当時は同じ10万円代です。

モナーク知ってますか?

プリンスシリーズ

モナーク2

回転ベゼルが付いていますね。コレの実物見たことあるかな?記憶にない・・・

モナーククロノグラフはクォーツです。

さあ、タイガーウッズとのコラボレーション限定ダイヤルはいかがでしょうか?

人気のプラベゼル79260、人気のパンダダイヤル、偉人タイガーウッズと言うビッグネーム。

え?なんで評価されないの?

たしかに79160とか、79260の初期とかに比べるとパッと見の雰囲気がモダンですし、

格好良いかと聞かれると「う・・・うむ」と悩んでしまいますが「稀少性」は充分だと思うのです。

クロノタイム自体がものすごく評価され高騰しているのに、タイガーだけダメっておかしいでしょ?

クロノタイム・タイガーを今のうちに安くゲットしておいて値上がりを待つ気長な人はいませんか~?

まだ保証書あっても20万円代で見つかりませんかね?

悪い選択では無いと思うんだけど・・・。

では。

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)