【レビュー】ロレックス 5500 エアキング 1975年 オールドスタイルの定番モデル

Rolex Airking 5500 Stainless Steel Automatic 34mm

ロングセラーモデルのエアキングRef.5500。

1960年頃から約30年ちかい製造期間を誇ります。

派生形にボーイズエクスプローラー(Ref.5500)や、エアキングデイト(Ref.5700)なんかがありますね。

後期のこちらなんかは、パッと見Ref.14000のシルバーダイヤルと変わりません。

完成されたデザインです。

箱もオールドスタイル。

1975年に購入されたモデルですが、ちゃんと「ロレックス」と書いてあります。

カタカナで「ロレックス」・・・。

どこで「ローレックス」になったんでしょうね?

何十年も前はロレックスもあまり売れていなかったので、オーバーホール永久半額なんてサービスを永らく続けていました。

34mmのこのサイズ感。

懐かし可愛い。

今では「レディース?」と思われそうなレベルです。

オイスターパーペチュアル34(Ref.114200)は今でもありますが、ペットネーム「エアキング」はRef.116900へと譲渡され「別物」になっています。

現行機と比べるとシンプルで華奢だけど、防水性もしっかりとあり充分なスペック。

40年も前に誕生したとは思えないほど。

ケースも痩せてないし、横穴も無いから古臭くないよね?

キズ一つなシングルバックル。

奇跡だな。

以前は10万円代で買えたRef.5500。

悪い人たちがカスタム文字盤を入れて「英国版 エクスプローラーRef.5500だよ」って売りさばいていたので、あんまり5500がエアキングのまま売られていたのを見たことない気がします。

「5500 FAKE EXPLORER」の画像検索結果

まぁ、カスタムでも何でも魅力的なのはわかるな。

Ref.1016が高騰していた頃ですので、エクスプローラータイプは何でもかんでも注目されていました。

5500のエクスプローラーは非常に少ないはずなのに、結構な数をお店でみましたからね。

本物はあったのかな。

でも女性が着けていたらグッドかもね。

こっちのシルバーダイヤルのエアキングなんてしぶ過ぎて可愛くない(笑)

ではまた!

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)