【レビュー】ロレックス 14060 サブマリーナーノーデイト 買うならオールトリチウム+保証書ね!

Submariner Rolex No Date Steel 14060

はい、今回のレビューはロレックスの14060です。

サブマリーナーノーデイト、人によってはサブマリーナーノンデイト「ノンノンノン」。

どちらでも良いです。伝わればデイデイトナでもデイジャストでも良いんです。

14060の登場は2回目になりますね。

【レビュー】ロレックス サブマリーナー・ノーデイト 今買うならどっち?14060と5513

前回は5513とどっち買おうかね?みたい記事でした。

値段が違うからね、2つで迷う人がいるのかどうだか怪しい記事でした。

えぇ、反省です。

今回はただただ14060だけを見ていこうかな?と言う記事にします。

トケマーに在庫ありが少なかったので、Chrono24から。

お値段的にはエクスプローラー2のちょい上。

50~60万円程度でしょうか。

1993年に販売された香港ギャラの14060。

この頃の個体は、もうカシャカシャで目もあてられないモノが多いです。

5513よりは堅牢性がアップしましたが、過信した方々が荒い扱いをしたのか、それとも30年も前だからか、ノビノビなブレス、やせ細ったケース、ガラスのフチの欠けなんかがね。

仕方ないけど。

この個体は見てください!

バキバキだぜ!ケースエッジが切れそうなくらいしっかりと立っていらっしゃいます(なぜ敬語)。

オールトリチウムのクリームがかった色合い。

セミビンテージ感満載。

横穴も今見ると新鮮。

流行りのストラップ交換もしやすいですね。

クラスプコードはRの10。1993年頃ですね。

ブレスレットナンバーは93150。

この頼りないエクステンション。

しかし壊れているのを見たことないので、じつは頑丈なのか?

ダイビング用に誰も使っていないのか?

う~ん、シンメトリーで良い感じのダイヤルですね。

14060のデザインを嫌いな人は居ないと思うんです。

でも昔は何か安かったし、16610買えない人みたいな嫌なイメージもありました。

ノークロノメーターってのもネガティブなイメージでしたかね。

14060Mの後半にクロノメーター認定になりましたが、以前はスポーツモデルの中でも断トツ安いモデルでした。

私が見た中では保証書付きでも198,000円とかで売られていましたからね。

それがどうです?

ロレックス全体的な定価値上げから、中古市場も底上げ、旧モデルもビンテージも何でもかんでも値上げ値上げ。

今ではこの14060も当時の定価以上ですよ。

完成されたデザインバランス、もう落ちることのない値段、ずっと使えるシーンを選ばないモデルという面で見ればエクスプローラーⅠ同様に「買い」なんですけどね。

あの頃の値段を知っていると、ちょっとね。

逆に。

セミビンテージを楽しみたい人には5513より安く、丈夫でメンテナンス環境もまだ問題ない14060は狙い目なのです。

ラバーストラップにして楽しんでも良し、NATOストラップにして楽しんでも良し、サブマリーナーノーデイトはね、なかなか優れたモデルなんです。

セカンドウォッチにも最適。

デイトが無いからいちいち午前午後や日付を気にせず使えます。

オールトリチウムの個体で保証書付きがアンダー60万円なら真剣に悩んでも良いと思います。

ルミノヴァが良い方は、是非14060Mの後期クロノメーターを狙って下さい!

それではまた!

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)