【レビュー】初代グランドセイコー SBGW253 リミテッドコレクション 世界限定1960本 2017年

The first Grand Seiko, re-created in stainless steel SBGW253 Limited edition of 1,960pcs

2017年のバーゼルワールドで発表された初代グランドセイコーの復刻モデル。

新しい一歩を踏み出すグランドセイコーの門出を祝う記念モデルです。

プラチナ、イエローゴールド、スティールの3種類がリリースされ、それぞれ世界限定136本、353本、1,960本が用意されました。

今回は1番数が多いスティール製のSBGW253を見ていきます。

$5,700 – 9S Mechanical

北米では5700ドル、国内定価は648,000円です。

1960年に誕生した初代のデザインを踏襲しつつ、ケースサイズを35mmから38mmに大型化したのはトレンドを意識してのこと。

着けてみるとやはり「大きいな」と感じます。

ほぼ文字盤と言うデザインなので、目に飛び込んでくるインパクトが凄いです。

シンプルなだけに大きさが際立ちます。

しかし35mmで出していたら良かったのか?と聞かれても難しいですね。

このモデルを気に入った方は38mmで正解で、早々に手放した方は35mmが正解だったのでしょう。

雰囲気は良いですね。

定価もSS+レザー+手巻きで60万円ですからね。

日本のカラトラバと言えなくもないです。

年配の方より、体つきがしっかりした40-50代の男性の方が似合いそうです。

尾錠なども初代オリジナルを踏襲しています。

この際、SSではなく金メッキでも良かった気がしますね。忠実に。

浮き上がるGRANDSEIKOロゴ

SSと金無垢が浮き上がる凸型(オリジナル後期ダイヤル)、プラチナがへこんでいる凹型(オリジナル中期ダイヤル)です。

平面サイドカットの短針長針。

「ダイヤルの外周に向かって緩やかにカーブしているボンベダイヤル」

オリジナルは25Jewels

リューズもオリジナルに忠実に再現しています。

18金のメダリオン!豪華。

保証書は現代風。

歩度証明はオリジナル風にしています。

歩度証明書は「グランドセイコー規格検定合格証明書」って言うんです。

悪くない。

でも高い!そして大きくしなくても良かったかな?って思います。

これは好みだし、値上げも致し方なしなんだけどね。

しかし6年前のSBGW033(35mm)は定価451,500円でしたからね~。

タイムトンネルさんの当時の値段見て下さい。

この差も、ちょっと気になるよね。

今年は更にプロスペックスのファーストダイバーも出しちゃうから。

「初代」「初代」ってね。

私は昔から好きだったんですよ、オリジナルの金メッキ初代グランドセイコー。

20万円くらいでしたかね、本気で何度か買おうかな~って思っていました。

が、前回の復刻の金無垢の方(SBGW040 セイコー創業130周年記念限定モデル)を手に取ったらうっとりしちゃった。

コレだ!と、でもねお金が無かった(笑)

中古のきれいなのでも60万円代でしたかね・・・もったいなかったな。

今回の時計にはまったく関係ない話だな・・・では!

※スペックなんかは下の記事をどうぞ!

初代グランドセイコー リミテッドコレクション GS新作 バーゼルワールド2017 SBGW251,SBGW252,SBGW253

【レビュー】セイコー ファーストダイバー SBDX019 プロスペックス ダイバースキューバ

セイコー ファーストダイバーズウォッチは、プロスペックスで復刻 SBDX019 SLA017 バーゼルワールド2017

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)