【時計怪獣】パネライ+ゼニス・エルプリメロ あの輝きをもう一度!

もう一度越えてゆけ!エルプリメロ+ルミノールクロノグラフ

一時はロレックスのデイトナより高い値をつけていたパネライのルミノールクロノグラフ。40mmのサイズ感はデイトナと数字上では同じですが、圧倒的な存在感はデイトナを凌駕していました。あの輝きをもう一度!

デイトナより高く飛べ!

Panerai El Primero = PaneEL パネール

PAM00074

PAM00074

ゼニスは焦ったに違いない。

あのロレックスが自社製クロノグラフムーブメントを開発していること知った時は・・・

90年代にはすでに幻のクロノグラフ、キングオブクロノグラフの地位を獲得していたコスモグラフデイトナ。

1998年には新ムーブメント完成間近の報が時計業界に流れます。

完成間近・・・マジか?(シャレ)ZENITHは焦った。

16520

16520

ロレックスが離れてしまう・・・。

大口顧客がいなくなっては自社モデルがさほど売れていないゼニスにとっては痛手だったでしょう。

それよりもロレックスが使用しているムーブメントと言う肩書きが無くなることの方が痛手でしょうか。

「御用達」じゃなくなってしまう・・・

そこでゼニスが目を付けたのがヴァンドーム(現リシュモン)のブランド「パネライ」でした。

まぁ、どちらかと言うとパネライが話題集めにエルプリメロを採用した方が正解でしょうけどね。

パネライはイタリアの海軍に納入していた歴史を持つミリタリーウォッチでしたが、市販デビューに合わせて時計ファンの心を鷲掴みにする決定打が欲しかったのでしょう。

ロレックスが使っているクロノグラフをパネライでも使用しますよ!とね。

エルプリメロ400ベースのムーブメント

エルプリメロ400ベースのムーブメント

最初のつながりは1999年。

PAM00052が500本限定でリリースされました。

2トーンダイヤルのイカした40mmルミノールクロノです。

2000年にはキャリバー4130がお披露目されロレックスとゼニスの蜜月は終わりを迎えます。

と、同時にリリースされたのがCAL.OP IV(エルプリメロ)を搭載したPAM00072、PAM00074。

PAM52とは異なりレギュラーラインに乗り、モノトーンダイヤルにまとめたシックなデザイン。

そしてパンダ仕様のフライバック(OP VI)を追加したPAM00060も誕生します。

PAM00072

PAM00072

パネライはその年の生産数を決めてリリースしています。

多くてもPANEelシリーズは1000本ほどしか世界に存在しないとなれば、その稀少性がおわかりになるでしょうか?

52、60、108は1年、72、74は3年間、121、122は最終グレー2トーンダイヤルですが全生産数不明です(途中でEL PRIMEROの供給が止まったと言われてます)

つまりリシュモングループとLVMHグループが、打倒ロレックスとして手を組むことは今後無いと思われます。

高い壁を1度は超えたのに・・・コングロマリット同士の思惑から握った手を離すことになります。

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/wf56M

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)