【時計怪獣】各メーカーのフラッグシップ・クロノグラフまとめ

歴史あるクロノグラフは廃れない(各メーカーのフラッグシップ機まとめ)

ダイバーウォッチとクロノグラフどっちが好き?と聞かれたら、大抵の方はクロノグラフって言うのかも知れませんね。クロノグラフは複雑機構のひとつで開発には莫大な費用と時間が必要になりますので、各メーカーはフラッグシップ機として取り扱います。

デイトナだけがクロノグラフじゃないぜ!

116509MET

116509MET

街頭インタビューで男女関係なくどっちが格好良い?とデイトナとサブマリーナーを見せたら「デイトナ」と答える人の方が多そうな気がします。

値段とか関係なくなんかメカメカしてて単純に格好良く見えますもんね。

サブマリーナーとスピードマスタープロフェショナルでも「オメガ」を指さす人が多いと思うんです。
今度やってみようかな?

と、いうことで人気があるであろうクロノグラフを今回は各メーカーからピックアップしてゴチャゴチャ言おうっていう記事ですね。

先日書いた「次に狙うクロノグラフ」の補足記事みたいな感じです。

ではロレックスのデイトナとオメガのスピードマスターは前回説明したので・・・

キングオブクロノグラフの名を欲しいままに腕時計ファンの心を鷲掴みしているロレックス コスモデグラフデイトナ。

クロノグラフって言葉を知らない人でも、デイトナの画像を見れば「知ってるコレ、高いやつでしょ?」となりますね。

デイトナが世界一のクロノグラフなのは、精度とかの話ではなく「みんなが欲しい」クロノグラフだからです。

3590.50.00

3590.50.00

オメガのムーンウォッチ スピードマスター。

NASAの厳しいテストに勝ち抜き、デイトナより「宇宙」で使える時計としてアメリカンドリームなクロノグラフとして有名になりました。

2017年の今年は60周年です。
自動巻きからデジタルまで多数のバリエーションをもつシリーズとなっておりますが、実際に人気があるのは「プロフェッショナル」で間違いありません。

ブライトリング

A232B35KBD

A232B35KBD

私の好きなブライトリングのナビタイマーから見ていきましょう。

回転計算尺という使い方の分からない、それなのに男心をくすぐるデザインが人気のナビタイマー。
ブライトリングを代表するクロノグラフの1つですね。
※もう一つの代表モデルはクロノマット

1953年にファーストモデルがリリースされますが、現在に至るまでほとんどデザインが変わらない美しいクロノグラフなのです。
手巻き、自動巻き、途中で縦目のバルジュー7750仕様になって、また横目になりそして現在は自社開発のムーブメント、キャリバー01を搭載しております。
近年会社身売りの話が出たりと不安定なイメージのブライトリングですが、是非是非ナビタイマー100周年までは、なんとしても頑張ってもらいたいです!
最近では何やらチュードルのクロノグラフに関係があるような動きをしているようですね。

タグ・ホイヤー

CV2010

CV2010

CW2113.FC6183

CW2113.FC6183

続いてLVMHグループの特攻隊長タグ・ホイヤーを見ていきます。

カレラとモナコがクロノグラフの顔になっていますね。
ラウンド●のカレラ、スクエア■のモナコ。

カレラはメキシコ横断レース名から取られました。
歴史も50年以上あるモデルなんですよ。
ジャックホイヤー氏が作られたカレラ、先日も80歳のお誕生日祝いに限定品がリリースされました。
※今年は85歳でパンダオーダヴィアがリリースされます。
現在のカレラクロノグラフが人気モデルになったのは、ブラッド・ピット氏が宣伝したRef.CV2010の存在が大きいですね。

そして、スクエアケースのクロノグラフと他のメーカーではあまり見ない形状が特徴のモナコです。

モナコは、1969年 世界初のスクエアケースの防水クロノグラフとしてリリースされました。
スティーブ・マックイーン氏が着用したモデルとしても有名で、限定モデルも出ております。

栄光のル・マン。
残念ながら見たことありません。

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/URCCn

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)