【レビュー】ロレックス 1675 GMTマスター 第2世代 1975年製のペプシベゼル

1975 Rolex Vintage GMT 1675 Pepsi Bezel with Box and Papers Vintage Rolex Watch

もう40年も昔に日本国内で販売されたヴィンテージロレックスRef.1675 GMTマスター。

稀少なアイテムと言えますね。

そもそも40年も昔にこのGMTマスターを買ったことが凄い。

よく選んだ。裕次郎ファンだなきっと。

「全国縦断石原裕次郎遺品展」が2018年の7月から銀座を皮切りに全国を巡る展示ツアーがスタートしますので、裕次郎氏が愛用したGMTマスターを見る機会があるのは嬉しいです(小樽市の「石原裕次郎記念館」で展示されていたものです)。

※展示物にGMTマスターが含まれるかは不明です(笑)

退色した2トーンペプシベゼル、

Ref.1675はフチなし、プラ風防。

1974年くらいの製造でしょうか、購入時期は国内正規デパート1975年。

私のやや年上、同年代でこうもしっかり生きながらえてきたロレックス。凄いな~。

ケースエッジもしっかりしています。

ラグサイドも全然痩せていないことが見てわかりますか?

逆サイド。

オイスターブレスレットも元気。

プラ風防にはスレが見られますが、磨けばすぐにきれいになります。

素敵ですねぇ。

GMTマスターブームの今だから、よけい素敵に感じるのかな。

ミーハーだな。

20年前に見てたら「ふ~ん、シードゥエラーだったら良かったな」くらいでしたけどね。

1970年代に日本でスポーツモデルを購入していたことが凄いと思います。

私には当時の状況がわかりませんが、嗜好品の輸入時計ですので大変なものだったでしょう。

針にはサビも見られず良い状態。

インデックスもそこまで焼けていません。

トリチウム表記。

ゆるいサイクロップレンズ。

ベゼルにもスレた跡がありますけど、40年ですからね~充分でしょう。

8の丸が潰れています。

クラウン

ラグサイド。

クラスプコードはN。80年代ですかね。

後年ブレスレットだけ変えたのかな?

FF580、ブレスレットナンバーは78360

縦長の王冠マーク

保証書のシール

う~ん、最高でした。

いかがでしょう。

この状態の逸品はなかなか出会えません。

アンティークには前オーナーの色々な歴史が詰まった、それぞれのストーリーがあります。

大切に使う方へと受け継がれていくのでしょう。

いつも思うのは我が父が時計好きだったらな~って(笑)

棚ぼたなんて、そうそうあるもんじゃありません。

自分で働いて頑張って探しましょう。

では!

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)