【レビュー】ロレックス デイトジャスト41 126331G チョコレートブラウン10P リッチショコラ

Rolex Datejust 41mm Steel and Everose Gold 126331 Chocolate Diamond

こんな魅力的なデイトジャスト今まであったであろうか?いや、無い(言い過ぎ)。

現在のブームか、41mmにサイズアップしたデイトジャストは最新のロングパワーリザーブムーブメントCal.3235を搭載しています。

今までの36mmというYシャツの袖もとにスッと馴染む大きさから、デイトジャストⅡを経て41mmにまで成長したジェンツドレスモデル。

ロレゾール/チョコレートダイアル/オイスター ブレスレット/3235 ムーブメント/リファレンス126331

インパクト大で、目立つこと間違いなし。

オシャレ過ぎて30代では着けるのが難しいでしょうね。

このチョコレートダイヤル、エバーローズゴールドにとても合います。

ロレックスがピンクゴールドをリリースしたのは何年ぶりなんでしょうね。

1803デイデイトにはピンクゴールドがありましたが5桁に変わってから見た記憶がありません。

2005年に「いつまでも変色しない」と言う意味を込めエバーローズゴールドが誕生します。

ロレックス開発の合金なのです(金が75%)。

2016年にリリースされた新作のヨットマスター。

この116621もエバーローズゴールドロレゾール×チョコレートダイヤルでとても魅力的。

人気ありますね。

ゆとりのある40代以上のオジサマにフィットします。

日焼けしちゃった肌に合うピンクゴールド。

ビジネス向けではありません。

国内定価は1,479,600円。(因みにジュビリーブレスレット1,544,400円)

なかなかのお値段ですね。

この金額を苦も無く支払える方に似合う時計だ。

ダイヤモンドの必要性は人それぞれですが(10Pダイヤな無いと1,274,400円)。ここまでラグジュアリーな時計ならダイヤモンド欲しいよね~。

キラっと輝く文字盤、ワンランク上の男に。

エバーローズゴールドは金なので柔かい。

小傷が目立つ目立つ(笑)

ロレゾールなので当然の鏡面プレート。

どうですか?

デイトジャストって聞くとオッサン?だとか思っている若者はいませんか?

いやね、私も30代までは絶対にデイトジャストなんて使わないわ~と思っていましたが、歳とともに変わるんですよ。

「金」ってやっぱり良いんですよ。

しかもこのデイトジャスト41、機械も最新式だしね。

程よい重量感、ちょいデカな41mmケース、ゴージャスなピンクロレゾールにチョコダイヤ。

全裸で着けても「リッチ」さが伝わります。

ドレッシーなドレスウォッチ、そのまんま、オシャレなシーンで活躍しますね。

ちょい悪おやじ(古っ)。

いかがでしょう?

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)