【レビュー】IWC GSTクロノグラフ IW370703 “T”チタン製クロノ

IWC 3707-003 / IW370703 GST CHRONOGRAPH TITANIUM

1997年にリリースされたGSTシリーズからGSTクロノグラフ。

今回はIW370703 チタン製クロノグラフです。

バルジュー7750をベースにしたデイデイト付き自動巻きムーブメントCal.7922を搭載しています。

軽い!武骨!格好良い!

これ、人気ありましたね。

この濃いグレーのチタン。

素敵すぎる。こんなに格好良いチタンはIWCならでは。

わりとステンレスのギラギラGSTが好きな人が多いように感じられますが、私はオーシャン2000譲りの渋いチタングレーが大好物です。

バルジュー7750が入っていますので厚みは14mmとそこそこ。

ケース径は40mmです。

お魚マークは防水の証。120mなのでデイトナ以上ですね。

重さはこんなにごつくても110グラムちょっと。

因みにGSTのS、ステンレススティールのGSTクロノIW370708の重さは140グラム以上です。

チタンケースはスレ傷がね・・・1度ついちゃうともう大変。

キズも歴史だ!くらいの広い心をお持ちの方にすすめたい。

さて、ブレスレットの長さ調整の話に。

サイドから見ると、丸い棒が2つコマにセットされているのがわかります。

こちらはケースバック。

ブレスレットの真ん中に「ポッチ」があるのが見えますか?

で、このゴールドのプッシュピンのようなモノが2本。

見てください。

横からピン(さっきの丸い棒)を入れつつ・・・

真ん中のポッチ(押しボタン)をプッシュピンでグイっと押しながら、横のピンを押し込むとセットされるのです。

伝わります?

押して、グイっとね。

伝わらないでしょうけど(笑)、簡単なのでご自身でスグできますね。

めちゃくちゃ格好良いんです。

GSTクロノ。

でも、最近はめっきり見かけません。

IWCのカードギャランティー。

金属アレルギーの方にも良いですね。

チタンケースは肌に優しい。

そして渋い。

スーツには合わないけど、カジュアルには超マッチします。

軽いし。

いかがでしょう?

もし、保証書付きで20万円代があったら即ゲットです!

スティールモデルIW370708と比べられたら、比べた方が良いけど。

私はチタン派。

でも結構スティール派が多い。

バルジュー7750を使用したイケメンクロノでした。

ではまた!

【レビュー】IWC GST アクアタイマー 3536-01 チタン 42mm 2000m防水

【レビュー】IWC GST アクアタイマー 3536-02 SS 42mm 2000m防水

【レビュー】IWC ポルトギーゼ クロノグラフ IW371446 ホワイト/ブルーのジェントルマン

【レビュー】IWC ポルトギーゼ クロノグラフ IW371445 女子受けの良いエレガントクロノ

IWC パイロットウォッチ マーク18 IW327007 トリビュート トゥ マーク11“Tribute to Mark XI”

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)