【時計怪獣】次に狙うクロノグラフ 2017年度版

かなり久々のウォッチモンスター。

今回は今後人気が出るかもね!って言うクロノグラフをチェックしていきます。

次に狙うクロノグラフ ’17 ZENMAIの安買い爆上げ予想

ロレックスのデイトナはもちろんのこと、オメガのスピードマスターの人気も鰻登り。今、クロノグラフが熱いんです!今回は今後「盛り上がるんじゃないの?」って言うクロノグラフを探してみようという企画。

クロノグラフと言えば

 (167445)

キングオブクロノグラフの名を欲しいままに腕時計ファンの心を鷲掴みしているロレックス コスモデグラフデイトナ。

クロノグラフって言葉を知らない人でも、デイトナの画像を見れば「知ってるコレ、高いやつでしょ?」となりますね。

デイトナが世界一のクロノグラフなのは、精度とかの話ではなく「みんなが欲しい」クロノグラフだからです。

 (167446)

そして、オメガのムーンウォッチ スピードマスター。

NASAの厳しいテストに勝ち抜き、デイトナより「宇宙」で使える時計としてアメリカンドリームなクロノグラフとして有名になりました。

2017年の今年は60周年です。

2大巨頭

 (167450)

デイトナに関しては言わずもがな、古いものから新作まで人気のない機種がありません。

金無垢、コンビネーションまでもが皆の憧れです。

崩れない相場、壊れない堅牢性が資産価値とステイタスを守ります。

ロレックスも生産数を絞り、常に枯渇状態をキープ。

宣伝も上手に、ここぞ言うときに新作を投入してきます。

今、注目なのは「次世代ムーブメント」。

いったい「どのタイミング」で切り替わるのか、デイトナファンは噂と憶測で一喜一憂していますね。

 (167467)

既に4桁デイトナなんて買えないクロノグラフですが、今では5桁ゼニス・エルプリメロベースのCal.4030を搭載した16520も200万円オーバーと人気の現行モデルより高くなっちゃっています。

併せて16523あたりも今後大注目のモデルなんじゃないかな?なんてZENMAIは思います。

4桁にはロレゾールが無かったので、16523がどこまで評価されるかは未来の人しかわかりませんからね。

 (167451)

もう一角のスピードマスター。

自動巻きからデジタルまで多数のバリエーションをもつシリーズとなっておりますが、実際に人気があるのは「プロフェッショナル」で間違いありません。

ただ、デイトナとは異なり、店頭でプロフェッショナルを買えないか?と言われたら答えのはNO。

いつでもどこでも「お金」さえあれば定価で買えるでしょう。

今「熱い」のは「過去の限定品」です。

とくに「アメリカ」的な限定モデルが非常に高騰しております。

アポロだジェミニだスヌーピーだなんだかんだ。

そして、そこに関連していているのも値上がっていますね。

昔すごい安い価格で買われた方は・・・今の相場を見てビックリすること間違いありません。

「あれ?お父さん持ってたな」なんて方はお父さんから借りちゃいましょう!

 (167464)

90年~2010年くらいまでの限定品スピードマスターはブレイクの兆しですから、要チェックですね。

日本限定系もじんわり熱いです。

 (167468)

2017年 次に狙うクロノグラフ

 (167453)

では、本題。

まだまだ、誰も注目していなくて「安く」買えるんだけど、いつか人気出ちゃうんじゃないの?って言う過去の名作を掘り起こしちゃおうと思います。

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/9OMnT

 

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)