【レビュー】ロレックス ヨットマスター II 116680 44mm リングコマンドベゼルって何じゃらホイ?

Rolex Yacht-Master II 116680

2013年にリリースされた待望のスティール×セラクロムベゼルのヨットマスター2 Ref.116680。

新機能のレガッタクロノグラフとは言えSSで国内定価1,922,400円は「お・・おぅ」となっており、新型スポーツモデルですが定価以下の相場で推移しております。

44mmのド迫力ボディに見慣れないダイヤル、双方向回転リングコマンドブルーセラクロムベゼル、100m防水だけどねじ込み式じゃないプッシャー、まさに「異物」的なモデルです。

名前はヨットマスター2ですが、ヨットマスター(便宜上1)とはまるで別物なんです。

このモデルのために作られたキャリバー4161は、ベースにデイトナのキャリバー4130を使用しているレガッタクロノグラフです。

なんだ?レガッタクロノグラフって・・・まぁ、そうなります。

ヨットマスター1が船遊びのお金持ち時計であることに対し、ヨットマスター2はヨットレースの本格タイムキーパーなのです(実際に使う人は稀ですけど)。

オシャレvsガチ、セレブvsマッチョ。

ロレックス ヨットマスターⅡ ウォッチ : 904L スチール - 116680 (98099)

今回はこちらの116680を見ていきますが・・・

2017年「生まれ変わりました」・・・

って、間違い探しみたいですね。

いくつ「違い」に気付かれました???

ロレックス新作 ヨットマスターⅡ 44 mm Ref.116680 バーゼルワールド2017

(※正解はこちらの記事へ)

はい、では見ていきましょう。

レガッタクロノグラフってなんだろう?ですね。

ロレックスの公式YOUTUBE で確認しましょう。

・・・わからない(笑)

【レビュー】ロレックス ヨットマスターⅡ ERGロレゾール 116681

こちらの記事でも説明書読みながらやってみたんですが、全然うまくいかない(笑)

使い方は、まぁ良いです・・・。

さて、ヨットレースに使う機能ですね。

他のウォッチメーカーもヨットレースのスポンサーになり各種様々な「ヨット関連」のモデルをドロップしています。

飛行機やカーレースの次はヨットレースが熱い戦場になっているのです。

カウントダウン機能を搭載したモデルや、ただただマークだけのものまで色々ですが、オーデマピゲ・パネライ・ルイヴィトンなど毎年の様に精力的に新作を出しています。

そんな中、2007年にロレックスも参戦しましたが「金無垢」でした・・・

いや、たしかにロレックスの新作スポーツモデルは金無垢で出るのがお約束になっていましたが「ヨットマン(って呼ぶのかな?)」たちが荒れ狂う波の上で金無垢着けますかね?

と、いうことはこのレガッタクロノやリングコマンドベゼルは「お飾り」ってことですよ。

技術力の誇示、これでしょう。

だから私が操作できないのも仕方ない・・・

操作できない・・・(笑)

どうやら私には「向いていない」んでしょうね。

ふぅ~。

でも、見てください!どうですか?

スティールとブルーセラクロム。コレは良い(見た目重視)。

この爽やかさと、見た目のインパクト、存在感。

ズシっとした重さはDEEPSEAにも負けず劣らずです(実際は40グラムも違いますけど)。

44mmである必要があったのかな・・・。スーツには不向き。

でもTシャツ短パンには似合います。

いやぁ、格好良い。

赤い針が気になって時間が把握できないけど、このアーチ状の数字が気になってやっぱり時間がわからないけど。

でも格好良い。

ベゼルも回したら壊れそうだしね。

使いこなせる人どの位いるのかな?

ロレックスの正規店のスタッフなら全員わかるかな?無理だろうな・・・

スカイドゥエラーと2本一緒に説明受けてみたい。

さぁ、なんのレビューにもなりませんでしたが、どうですか?(何が?)

凄い機能(雑)、見た目の良さ、大きさ、防水性。

どれをとってもロレックスの他のスポーツモデルに負けている点はありません。

着けている人もなかなか街中では見かけませんしね。

まぁ、見かけないのは人気が無いのか出回りが少ないからか・・・

もう少しこのモデルは見守っていきます。

では!

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)