ロレックス ディープシー チャレンジ 51mm のレプリカ作ってどうするんだ?

About Rolex Deepsea Challenge

ディープシーチャレンジって知ってますか?

ROLEX DeepSea Challenge 「ディープシー チャレンジ」ジェームズ・キャメロンとロレックス

(※こちらディープシーチャレンジの記事)

ナショナルジオグラフィックとジェームズ・キャメロン氏の歴史的な探査プロジェクト「ディープシーチャレンジ」にロレックスが参加することで始まります。

世界初、マリアナ海溝の最深淵チャレンジャー海淵の10,908mに単独潜水をするというもの。

ぜひ皆さんまだ見ていなかったらドキュメンタリー映画があるのでレンタルしてきてください(笑)

ロレックスの歴史的なディープシー チャレンジ

一人で潜るなんて怖すぎ。

この偉業を記念して116660のDブルーが誕生するのですが、チャレンジャー号のカラーリングがグラデーションブルーにひときわ目立つDEEPSEAの文字に表れています。

こんな感じです。

ロレックス シードゥエラー ウォッチ

ハイ、こちらがチャレンジャー号に取り付けられたディープシーチャレンジ(もちろん一般販売されていません)。

ロレックス シードゥエラー デザイン

ロレックス ディープシー チャレンジ

タイプ:試作時計防水性能:12,000m/39,370フィート

耐圧性能:13.6トン

直径:51.4mm

厚さ:28.5mm

ケース:オイスター、 リングロックシステム

素材:904Lスチール(ミドルケース)、窒素合金スチール、グレード5チタン(裏蓋)

クリスタルの厚さ:サファイア 14.3mm

リューズ:トリプロック(三重密閉構造)

ムーブメント:キャリバー3135、自動巻、機械式

ロレックスの時計製造

51mmのケースに対し、キャリバー3135が小さすぎます(笑)

 

なぜ「腕時計」スタイルにしたのだろう?


と、これがディープシーチャレンジなんですが・・・

なんと!

こんなプロトタイプの時計にも「コピー品」があるのです(笑)

TOROBRAVO’Sと言うコピー屋を覗いたら・・・

ハイ、ドーン!

似ているようで似てない(笑)

実物から複製を作れないからね・・・

レーザー刻印のトリプロッククラウンの再現・・・

とんでもなく飛び出しているサファイアクリスタルも。

この分厚いケースも再現していますが、本物と比べられないから違いを指摘できない。

ケースバックはこんな感じ。

ノーマルのオイスターブレスレットが付いています(もちろんニセモノ)。

2012年製造のモデルなので梨地プレートなんだな。

でも、コレ誰が買うんだろう?

何のために作ったんだろう?

コピー品を作る情熱は、どこから来るんだろう?

188USドルだって。

でも買っちゃダメですよ!

スグぶっ壊れますから。

では!


#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)