【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク オフショア ダイバー 15710ST.OO.A002CA.01

Audemars Piguet Royal Oak Offshore Diver 15710st.oo.a002ca.01

オーデマピゲから、新型のロイヤルオーク・オフショア・ダイバー15710ST.OO.A002CA.01を今回はピックアップしていきます。

新型の1番のポイントは「シースルーバック」になったという事ですね。

15703ST.OO.A002CA.01(旧型)と新型の後ろ側。

ケース径は42mmと同じですが、厚みが13.9mmから14.1mmにちょっと増えています。

なかなかイカつくて格好良い!

デカ厚時計の最上級モデルですね。

300m防水もありますのでタフだとは感じます。

お馴染みの八角ベゼルは残念ながら回りませんが、インナーベゼルが回転しますのでスキンダイビングには使えますね。

国内定価は2,052,000円

どうですか?

なかなか良いでしょう~。

「見やすい」「頑丈」「夏向き」時計。

14mmもあるのでスーツに合わせるのは厳しい。

まぁ上級オシャレオヤジならスーツでも上手く着けるんでしょうな。

尾錠タイプ。

コストを抑えているのか、ウェットスーツになってもそのまま使えるようにか。

22Kのローターが眩しい、自社製自動巻 キャリバー3120。

パワーリザーブは60時間もあるので便利。

因みに旧型も同じキャリバー。

インパクトはありますし、オフショアクロノとはまた違う雰囲気です。

ジェンタ氏もビックリでしょう。

11時のリューズっぽいのはインナーベゼルを回るボタンです。

サイドビューもゴツイのに美しい。

これまたマッチョな尾錠。

「尾錠」を格好良いものにしたのはパネライですね。

おかげで各社「尾錠」のデザインにも力を入れ始めました。

 

Cal.3120は15300STや15400STにも搭載されている三針デイト付きの自動巻きムーブメント。

最近はカラフルなモデルも人気があるようです。

マリンスポーツやヨット遊びにも似合う時計です。

日本だとなかなかクルージングを楽しむ40代なんていなさそうですが、夢見てオフショアダイバーを着けるのも良いのじゃないでしょうか?

並行新品相場は185万円程度、USEDで160万円台。

シースルーバックじゃない旧型15703ST.OO.A002CA.01なら140万円台かな?

ロイヤルオーク15400STや15300STより断然安くて断然目立つ!

いかがでしょうか?

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ シュワルツェネッガー 26007BA.OO.D088CR.01 世界限定400本 正に金塊

SIHH2017新作 ロイヤルオーク オフショアダイバーカラフル

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)