【レビュー】パネライ ラジオミール1940 45mm PAM00572 キャリバーP.4000

RADIOMIR 1940 3 DAYS AUTOMATIC ACCIAIO 45mm PAM00572

2014年に発表された薄型自社製自動巻きムーブメントCal.4000を搭載したPAM00572は新シリーズ「ラジオミール1940」に属します。

なんだ?ラジオミール1940って。

パネライHPの「歴史」を見てみますと、1940年(まだルミノールが無かったころ)のモデルをモチーフにしていることがわかります。

ラジオミールのワイヤーラグからケース一体型ラグに変更され強度・剛性が増しました。

竜頭も円錐型かえあシリンダー型になっています。

ブリッジ型リュウズプロテクターが付けばルミノールケースですね。

RADIOMIR 1940 ACCIAO – 47MM PAM00399
キャリバー OP XXVII
ケース Radiomir 1940
ケース直径 47 mm
限定100本

2012年のスペシャルモデルとして復刻された1940ケース。

国内定価は2,614,500円

限定モデルは忠実に復刻されています。

さて、2014年にはレギュラーラインとして現代に復刻されたわけですが「何か違う」。

キラキラしているんですね。

ヒストリカルコレクションではなくキラキラオシャレコレクションなんです。

私の好みとはちょっと路線が違いますが、そこは良いんです。好きな人がいるんです。

・・・もう光りすぎてスマホじゃ画像がおかしいわ。

ラジオミール 1940 3デイズ オートマティック アッチャイオ PAM00572

自動巻き(パネライ自社製キャリバー P.4000)

10気圧(100m)防水、ケース径45mm

パワーリザーブ3日間

国内定価 1,155,600円

 

最近のパネライの保証書はカード式から、カルティエの様な冊子式に変更されています。

自慢の薄型ケース。

厚さ約12mm。

Cal.P4000がシースルーから覗けます。

スティールケースに採用されるCal.P4000のローターはタングステン合金!

重く固いため加工が難しいとされています。

金と比重が似ているためローターには効率良いんでしょう。

シンプルな尾錠。

クラウンにはOPマーク。

サンドウィッチ文字盤。

 

少しヴィンテージ調のカラーリング。

 

P.4000

スティールケース用ではブリッジのサテン仕上げが水平方向に縞を描き、エングレーブの色はブルー、ローターはタングステン合金製で、マット仕上げの面にレリーフ装飾が施されています。

ブラックに夜光アラビア数字とアワーインデックス9時位置にスモールセコンド

暗闇でも視認性の良い夜光。

オシャレでピカピカ、薄いのでスーツスタイルを想定していますかね?

プライベートだけで使うなら3日巻き不要ですしね。

1940年のヴィンテージモデルをベースに現代的なオシャレ自動巻きモデルができました。

好みはあるけれどね。

いったい、パネライがどの層に向けて作ったのかはわかりません。

薄型のムーブメントができたから1940がレギュラー化したのか、1940の為にP.4000が作られたのか。

デュエの存在からもコンセプトが先のような気もします。

デカ厚時計を制したパネライはどこへ向かっているのでしょうか?

では。

【レビュー】パネライ ルミノールクロノグラフ PAM00074 エルプリメロ搭載の40mmクロノ

【レビュー】パネライ サブマーシブル1950 アマグネティック3デイズチタニオ PAM00389

お金を掛けずにパネライを格好良いカーフストラップに交換する

パネライ ルミノール パワーリザーブ PAM00090 44mmと新しいモデル PAM01090

パネライ サブマーシブル PAM00024 44mm 300m防水

パネライの新作 薄型 ルミノール・ドゥエ PAM676とPAM674

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)