【レビュー】IWC パイロットウォッチ ダブル・クロノグラフ IW378601 限定1000本 黒セラミック

IWC “Doppel Chronograph” Ref.3786-01 Limited Edition of 1000pcs in Ceramic & titanium 44mm a.k.a IWC Fliegeruhr Chronograph Rattrapante

ダブルクロノグラフ、ドッペルクロノ、ラトラパンテ、スプリットセコンドなど呼び名はたくさんありますが、クロノグラフ針が2本あるスペシャルなモデルです。

一般人に使い道はほぼありませんので、雰囲気を楽しむのが正解です。

2006年に1000本限定でリリースされました。

44mmのブラックセラミックケース、裏蓋などはチタン製で、そこまで重く感じません。

約120グラムでしょうか。

国内定価1,291,250円とかなりの高額品です。

10時位置のダブルクロノプッシャーをプッシュすると第1針だけが止まり第2針はそのまま進んでいきます。

針がスプリットするのでスプリットセコンドクロノグラフ。

針がダブルなのでダブルクロノグラフです。

モデルが違いますが、Cal.79230は同じです。

大型の針に、デイト表示が3日分の特徴ある文字盤デザイン。

格好良い。

100m防水。

でも、大きい。

存在感がありますね。

第3のプッシャーとも呼ばれます。

SS42mmの IW371319ドッペルクロノはTOKIOの国分太一さんも愛用していますね。

IWC Ref.3705 メカニカル フリーガークロノグラフ ブラックセラミックのパイロットウォッチ

この2006年1000本限定IW378601が好評で、翌年「TOP GUN」が誕生するのです。

信じられないくらい厚い、その厚み17mm。

ケースバックはチタン製。

***/1000の刻印があります。

大きいから乗っかっちゃってる感は否めませんが、軽いし格好良いな~。

デイト表示が普通だったら良かったけど。

この3日表示になったおかげでIWCのロゴが3時位置から9時位置に移っちゃった。

9時のスモセコインダイヤルが相当窮屈になってしまっていますね。

そこは赤い針で誤魔化す・・・と(笑)

でもね~私の好みはね40~42mmくらいでね、針もバトンストレート針でって言ったら、あぁ・・・IW371319のデザインが良いんだな。

そしてセラミック×チタンだったらね「特別」感でますよね。

とは言え、10年経った今でもこのIW378601は人気モデルです。

ほとんど見ることが無いんじゃないですかね?

未だに定価くらいで取引されていますよ。

世界でたった1000本しかない、ちょっと稀少なモデルを皆さんも探してみてはいかがでしょうか?

ではまた。

【レビュー】IWC パイロットウォッチ メカニカル フリーガー クロノグラフ IW370607 Ref.3706-07


#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)