【レビュー】パネライ サブマーシブル1950 アマグネティック3デイズチタニオ PAM00389

PANERAI LUMINOR SUBMERSIBLE 1950 AMAGNETIC 3 DAYS AUTOMATIC TITANIO – 47mm PAM00389

2013年にリリースされたパネライのダイバーウォッチ サブマーシブルです。

今までにありそうでなかった黒い逆回転防止ベゼルが特徴的ですね~。

ベゼルはセラミック製、ケースは47mmのチタン素材、そしてなんとインナーケースのある「超耐磁モデル」なんです。

モデル名「アマグネティック」。

IWCのパイロットシリーズやインヂュニア(1,000)、ロレックスのミルガウス(1,000)、オメガのコーアクシャルムーブメント(15,000)も超耐磁性を謳っていますね。

このPAM00389は40,000A/m(500ガウス)ですが充分です。

現在社会、主にパソコンなど使って仕事をしている方には重宝する機能なんですね。

気付かずに「磁気帯び」になっている個体も少なくないんじゃないでしょうか?

鈍いグレーのケースにマットブラックセラミックベゼル、文字盤にはスモセコだけとシンプルで好感が持てます。

ケース径が47mmとかなり巨大ですがチタンとラバーのおかげで150グラムちょっと。

見た目より軽いですが、厚み18mmと乗っかってる感は否めません。

1950ケースはモダンで格好良いですよねぇ。

1950年頃のモデルデザインなので「モダン」っておかしいですけど、以前のルミノールケースよりスタイリッシュです。

パネライ サブマーシブル PAM00024 44mm 300m防水

以前PAM00024を使用していましたが、他と被らないサブマーシブルはなかなか「激渋」なパネリスティだと自己満足できるモデルだと思います。

ルミノールマリーナ、ラジオミールは人気ケースですが、サブマーシブル着けている人は街中でなかなか見ませんからね。

このデカいクラウンガードが超格好良い。

デカい!

ツール感が、とにかく格好良い。

チタン製の尾錠。

スマホのライトをあてます。

ルミノヴァ夜光がグリーンに光ります。

PAM00389

キャリバー P.9000

300m防水

47mm

国内定価1,242,000円

Cal.9000は見えません。

耐磁機能のため、シースルーバックではありません。

インナーカバーが入っているからですね。


文字盤の下には軟鉄製のインナーケースが収められ、ムーブメントを磁気から保護・分離するファラデーケージの役割を果たしています。このモデルは、国際標準であるスイス時計工業規格の定める値(NIHS 90-10)の8倍以上に相当する40,000 A/m(アンペア/メートル)の高い耐磁性を備えています。


パネライHPより

いかがでしょうか?

デカ厚時計の真骨頂。

軽くて耐磁性能もあり、シンプルで格好良い。

もう間違いない!

オススメです。

LUMINOR SUBMERSIBLE 1950 AMAGNETIC 3 DAYS AUTOMATIC TITANIO – 47mm PAM01389
1,242,000円
と、言いつつ今年 後継機PAM01389が出ちゃったけどね!(笑)
では。

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)